読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ『ハコイリ♡ムスメの定期便2月号~君に、一番伝えたいこと~』@AKIBAカルチャーズ劇場(20160221)

 2月の定期公演です。タイトルは『君に、一番伝えたいこと』。果たして何を伝えたいのか。阿部かれんさんが前日にインフルエンザに罹るという突然の窮地にハラハラしつつも公演は定時でスタート。今回はポイントで整理番号優先権を行使したので最前センター。久しぶりの最高シートでドキドキです。

  1. 少女時代
  2. ゆっくりと好き
  3. 深呼吸して
  4. テンダーレイン
  5. 落ち葉のクレッシェンド
  6. じゃあね
  7. ロマンスは偶然のしわざ
  8. 約束のポニーテール


 すべてがめくるめく間に進んでいって、気付いたら最後の『約束のポニーテール』だった……。というぐらいのあっという間の至福の時間。


 ユニット曲が始まると去年の秋の始まりを思い出す。冬ほど冷たくない、秋の太陽のオレンジ色がステージを染めて、なんだか懐かしさを感じた。冬はリリイベをたくさんやって濃厚な時間の連続だったから、数ヶ月前の秋がとても遠く感じられたのかもしれない。


 『深呼吸して』は小松もかさんの歌はもちろん良いのだけど、珠希さんぽにょのハモりが優しくて私は好き。我の強い2人がドジっ子もかちゃんを後ろから支えるというのが頼もしいよ。そしてこのときのぽにょの表情が最高可愛い。ぽにょ無限ループ再生したい。


 阿部ちゃんがお休みということで『テンダーレイン』は鉄戸美桜さんのソロでした。鉄戸さんさいこー。鉄戸さんの歌声が曲の雰囲気ととても合っていて、羽毛のように耳に心地良い。メロディーに乗って歌っているのにそれは耳元で語りかけてくるような、寝る前に聴きたい優しさがあった。声を延ばすときの余韻というか、空気から消え入る瞬間の歌声の儚さがとても美しくて聴き惚れてしまう。鉄戸さんのソロコン希望だよー。


 3曲目はやっぱり神岡実希さんの歌声好きだなということを実感。ボイトレして声に芯の強さが出てきても失われない純朴な声質が大好き。菅沼もにかさんもそうだけど、みんなボイトレで歌は上手くなっても、それによってそれぞれの歌声の良さが失われることになっていないのが良い。


 3曲とも聴く人の側に寄り添うような、癒しと安らぎを届けるハコムスのグループイメージそのものを体現していた。こういうハコムスが大好きなんだ。争いの無い世界でハコムスの歌だけを聴いていたい。


 続いて劇団ハコムス。女優志望のアイドルグループであるハコムスだからこその演目が歌と劇を融合させた劇団ハコムスです。曲の世界観に合わせたお芝居からのライブは、ただ歌うよりも曲の世界がより深く鮮やかに描き出される。久しくその劇団ハコムスをやっていなかったが、3月の内山珠希さん卒業を前にしてやっと再始動した。もちろん珠希さんが主演。完全に当て書きされた脚本で、珠希さんは劇の中でも学校を辞める。その別れの物語。演じている本人に重なる台詞が多々あるので、感情移入せざるを得ない。いつも感情豊かな鉄戸さんがここでも珠希さんより感情多過な高まりで涙を零して、これは3月は大変なことになりそうな予感。鉄戸さんが昂るのは良い舞台の証です。わかりやすいお話で、これなら稽古少なくてもよさそうなんて邪推もしちゃいますが、これをどうやって3月までに仕上げてくるか楽しみだ。


 劇からのカバー新曲は『じゃあね』ということで、おニャン子クラブのこの曲を私は知らなかったのにメンバーは知っているそうでびっくりだよ。有名なのか。別れの曲なのに明るく晴れやかで、珠希さんを送り出すのにとても相応しい曲。珠希さんには涙よりも笑顔ですよね。センターで歌う珠希さんが良い表情で、あともう少しで離ればなれになるなんて信じられない。


 最後は『約束のポニーテール』。大好きで大好きな曲なので、歌ってくれて本当にうれしかった。離れていく人を想い、再会を誓う純情な心がメロディーをさらに美しく奏でて、「目印はリボン」と歌うぽにょの頼もしい歌声は私に約束を忘れさせないほど強く響いてきた。この曲でのポニーテールを揺らしながらサビを歌う阿部かれんさんが大好きなので欠席で悲しい。しかしどの方向を見ても彼女達の優しい表情に溢れているので、すべてが幸せな瞬間。最後センターで広げた両手を胸の前で合わせて慈しむような鉄戸さんがとても愛おしい。伏せる瞳に込められた想い、零れる祈りの光に、私まで祈る。初めて歌う神岡実希さんは間違えちゃったと申し訳なさそうに言っていたが、自分の思い入れによる情景美化によって全然気付かなかったよ。


 素晴らしい公演だった。最前センターで見れば何だって素晴らしいのはもちろんだけどね。しかし去年の秋から歌い続けてきた曲達は皆も歌い慣れてきて、冬の寒さで凝縮された温かみに満ちていた。やはり私は冬のハコムスが好きだ。静まった世界に降り積もる愛と、ダイヤモンドダストよりもきらめく瞳。疲れてやるせなくなることばかりの日常で、この時間が何よりの癒し。ありがとう。