読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ@東武百貨店池袋屋上スカイデッキ広場(20160131)

 うれしさや幸せや感慨深さや、悲しみや切なさや仕方なさや、いろんな感情が交差した東武百貨店池袋屋上スカイデッキだった。


 東武屋上スカイデッキといえばももクロがリリイベをやった場所として自分には思い出深い。ももクロはここで3回ほどやって、全部行った。その場所でハコムスもリリイベというわけで、感慨もひとしお。そういうエモさは他のオタクにもあったりするのだろうか。青空の下、安定の下手最端で待機。

  1. 約束のポニーテール
  2. 抱きしめて
  3. アンブレラ・エンジェル
  4. レモネード・キッス
  5. 微笑みと春のワンピース
  6. なかよし


 春衣装で登場したハコムス。最初に歌ったのが私も大好きな『約束のポニーテール』で高まるも、何か足りないなと思ったらこの日から復帰の神岡実希さんがステージにはいなくて、ステージ袖で待機してた。そうか神岡さんが入るにはパート割を再構成しないといけないものね。約束のポニーテール大好きオタクなので、野外で歌われると気持ち良さが半端ない。しかもハコムスでいちばんポニーテールが似合う阿部かれんさんがポニーテールとあって、もう最高じゃないですか。瞬きする毎に揺れる阿部ちゃんのポニーテールに私の心も舞い上がる。ずっと阿部ちゃんを見てた。阿部ちゃんはこのリリイベツアーでいちばん成長しているように思うし、歌もだけど表情がとっても豊かになって、見ていていつも引き込まれる。握手会での機転の速さもすごくていちいち仕草が可愛いので、阿部ちゃんの人気急上昇なのも納得。


 約2ヶ月間続いたリリイベの最後だからか、いつもよりも1曲多い6曲を歌ってくれた。最後は『なかよし』。この曲を歌われると大団円感に満ちて、ずっとハコムスを見てきてよかったなという心から思えてくる。場所を移動してスカイデッキのいちばん後ろの階段の上から眺め下ろすように見ていたら、本当に胸いっぱいになった。神岡実希さんも復帰して7人揃ったハコムスでの『なかよし』はとても良かった。大縄跳びの場面で、中で跳ぶのが5人になったおかげでやっと大縄跳び感が出てきて、やはり7人でハコムスだよ。


 ただし音響的には最悪だった。音がぼよんぼよん。つい先週カルチャーズ劇場で定期公演を見た後だったので尚更酷く聞こえてしまったのかもしれない。まあしょうがない。それでも青空補正でハコムスやっぱり最高だなーと思わされるのは盲目オタクってことなのかしら。


 握手会で菅沼もにかさんから後ろのほうで見てたでしょと言われ、この子は自分のオタクを見つけるのも早いし、遠くから見てることも気付いてくれて、本当に賢いなーと感心した。まあ、見られることを意識し始めたらオタクおしまいだと誰かが言ってたけど。最後のリリイベなので記念にチェキ撮ろうと決めてて、しかし誰と撮ろうかかなり迷った。やはり最後はリーダーの鉄戸美桜さんか、春のぽにょも可愛いし、それともポニーテールの阿部ちゃんか。結果としては小松もかさんの少女然として冬の空気になびく黒髪と透きとおった佇まいにやられてしまい、小松さんとチェキった。久しぶりと言われたけどほんと久しぶりですね小松さん。

  1. はんぶん不思議
  2. 少女時代
  3. さよならのプリエール
  4. Be My Diamond!
  5. 夏に急かされて
  6. なかよし(アンコール)


 2部は秋冬衣装。冬の太陽のせいか、野外で秋冬曲を歌うとその彩度の低さがより際立ってくる。全力とか溌剌とは対極の穏やかな優しさが冬のハコムスにはあって、それが冷たい青空と合っていた。そして最後に内山珠希さんから3月でハコムスを卒業すること、事務所も辞めて芸能活動自体から退くことが発表された。珠希さんか、という思い。悲しい。早すぎるよ。珠希さんはずっと残ると思ってた。ハコムスもずっと皆勤だったしね。


 プライベートの珠希さんとは真逆のグループイメージだから、ハコムスを演じるのは珠希さんにとって大変だったのかな。常にハコから飛び出しがちな珠希さんは、だからこそハコムスの表現の幅を広げていて、でもそれには本当に絶妙な加減が必要で、珠希さんはそこをよく頑張っていたと思う。ハコムスのお淑やかなイメージを守りつつも、そこに彩りを与えていた珠希さんは大切な存在なんだよ。歌でもハコムスをいつも引っ張っていて、かっこよくも可愛くも歌える珠希さんの歌が大好きで、握手会で珠希さんの歌が好きだよと結構言っていたつもりだけど実際伝わっていただろうか。『日曜はダメよ』の珠希さん本当大好きなんだ。また誰に対しても明るく接してくれて、その分け隔てない明るさと屈託のなさにいつも救われてた。夏が来る前に辞めるのは悲しいけど、4月から新メンバーが追加されるとのことで、今の7人を大切にしたい珠希さんの気持ちもよくわかるので致し方ないか。


 珠希さんはゆっくりと確実に言葉を紡いで、芸能活動を辞めることを決断するに至った経緯を話してくれた。とても真摯だった。納得したくなる気持ちと、辞めてほしくない気持ちと、これまでの頑張りへの感謝の気持ちが混じり合って、最終的には受け入れてた。というか、決めたからにはもう止められない。ハコムスを久しぶりに見た人達が、意外とオタクあっさり受け止めてたねとびっくりしていたが、辞めるのは早いなと思いつつも仕方ないと皆感じていたのかもしれない。私はこれまでよく頑張ってくれたなという感謝の気持ちのほうが大きい。


 その後に歌われた『夏に急かされて』は、寒いせいだけではない切なさがあって、自分は盛り上がれなかった。珠希さん的にはここぞと持ち曲を用意したのだろうけど、ごめん。


 最後にリリイベ初めてのアンコールが生まれた。そういう流れになってしまうよね。アンコール曲は『なかよし』。この曲しかない。歌詞の全部を引用したいぐらい、自分もこの曲に支えられてきた。いろんな場所で歌って、たくさんの笑顔と涙を見せてくれて、そういう記憶の積み重なりのいちばん上に、この日の『なかよし』が優しく降り積もった。みんな泣いていた。私もありがとうという気持ちのみになる。


 約2ヶ月間、いろんな場所でリリイベをやった。私も全部行った。本当に楽しかった。たくさん笑顔が見れて、たくさん幸せをもらった。感謝しかない。彼女達も何か変われた実感があっただろうか。私はハコムスのライブを見れるだけで幸せだけど、ハコムス的には規模が拡大してくれないとしょうがないわけで、これらのリリイベが将来に繋がってくれたらなと思う。ともかくも、長い間お疲れ様でした。楽しかったよ。そしてありがとう。