読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ『ハコイリ♡ムスメ定期便12月号~温もりのDecember~』@AKIBAカルチャーズ劇場(20141223)

 7月から始まったハコイリムスメですが、今はもう12月です。あっという間ですね。定期公演のタイトルはいつもハコムスのイメージに沿って考えられているのが気に入っていて、12月は題して『温もりのDecember』です。もうこの世界で僕の寒い毎日を温めてくれるのはハコムスだけです。


 今回は運良く最前でした。最前やばい。近すぎて真正面を見れない。うそ。こっそり見ちゃうけど、見つめ返されると目を逸しちゃう。もう最前でしか見たくない(と初めての最前のように書いてますが過去にも何回か最前で見てます)。


 そんな最前自慢よりももっと重要なことは、劇団ハコムスが前回よりさらに繊細なドラマとなっていました。みなさんやっぱりアイドルという前に女優なんですね。ちょっとした表情の機微などさすがだなと思います。そして、劇団となるとやはり門前亜里さんです。劇が始まった瞬間から役への入り込みがすごいです。わかっていても胸が締め付けられてきます。門前さんは特に海へ行きたいと言う前のハッとするときの表情の移ろいが本当に素晴らしく、文句なしで2014年度海に行きたい気持ちを思い出した女の子大賞受賞です。そこからの『パジャマでドライブ』ですが、張り詰めた空気を弦にして奏でるような歌声が、僕を現実から歌の世界へ遠く連れ出してくれます。心が浄化される美しさです。


 『星座占いで瞳を閉じて』では、神岡実希さんが椅子に座っているところから立ち上がって曲がスタートするのですけど、神岡さんがすーっと前に進みながら立つ流れがとてもスムーズで、見ているこちらもすーっと歌に感情移入していきました。『日曜はダメよ』は鉄戸美桜さんのバレエも良いのですが、やはり僕は内山珠希さんの歌声が好きです。ずっと聴いていたいほど好きです。


 劇団ハコムスが終わったらステージからメンバーがいなくなり映像コーナーとなりました。秋のOP撮影のメイキングで、メンバー同士で撮り合っています。門前さんが撮影先でもしっかり勉强しているのは勤勉家ですね。


 映像が終わったら12月23日でクリスマスも近いということでサンタ姿のハコムスが登場しました。心の中でガッツポーズです。珠希エンジェルの着慣れてる感じのサンタ最高です。ひとり神岡実希さんがトナカイの着ぐるみで、もこもこしたのに包まれてかなりマスコット感があり、とても可愛かったです。そこから『スノーブーツのWish』、なるほどクリスマスです。だけど、この曲のときが撮影可能で自分はシャッターガシガシ切っていたので歌の記憶がありません(泣)。大好きな曲なのに雪合戦してる記憶がまったく無い。悲しい。しかし、そんな悲しみに暮れる僕に優しいハコムスサンタはライブ動画をプレゼントしてくれました。ありがとう、ハコムス。スノーブーツの後はカバー新曲で『Snow celebration』です。知ってる曲!! 懐かしい…。こちらも冬にぴったりです。穏やかな曲も好きですが、こういう盛り上がれる曲も楽しい…。
スノーブーツのWISH(ハコイリムスメの定期便12号より) - YouTube

SnowCelebration(ハコイリムスメの定期便12号より) - YouTube



 そろそろ公演も終わりかなと思ったら再び劇団ハコムス。振付の先生が作ったゲイバーのお話。めっちゃおもろい…。みんな言葉遣いがちゃんと2丁目になってます。小松もかさん迫真の演技からの『なぜ?』も感情込められてて良かった…。


 最後にこの1年を振り返って1人ずつ感想を述べて、まず最初の鉄戸美桜さんからして号泣。真正面で鉄戸さんの涙を見るとこちらも感極まります。我妻桃実さん(ぽにょ)が『これからもご贔屓にお願いします』と丁寧すぎる言葉で笑いを取りつつも、最後は門前亜里さんの堪えきれない涙でこちらも再び胸が詰まります。門前さんも言ってましたが、本当に素敵な7人が集まったと思います。この7人だからこそのハコムスだなと当たり前のことを実感します。仲間がいるっていいことですよね。そんなハコムスのみなさんが瞳を濡らしながら言葉を発する毎に世界が透きとおっていきます。そして、最後は『Be My Diamond』。美しいです。感謝しかない。


 12月も充実の素晴らしい公演でした。タイトル通り温かいライブで、冬の寒さを忘れさせてくれました。見る度に感謝の気持ちが増していきます。夏からは想像もしなかったけど、こんなにもハコムスを好きになるなんて。珠希さんはファンに感謝してると事ある毎に言っていますが、感謝したいのはむしろこちらのほうです。ハコムスのみなさんが見せてくれるもの、優しさに感謝しきりです。ありがとうございました!!