読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神岡実希さんのハコムス卒業が近づいてきた

 先日の月曜日5/15にAKIBAカルチャーズ劇場で行われたハコイリ♡ムスメ月曜定期公演『Respect for おニャン子クラブ(ソロ)』に行ってきました。いい公演でした(いい公演じゃなかったらブログ書かないですしね!)(と書きつつ斉藤由貴公演も素晴らしかったけど書いてない泣)。ハコムスのカバーするアイドルソングはほとんど知らない曲ばかりで、それはおニャン子ソロ曲もそうで、初めて歌われたときはどれも新鮮に受け取れるものでした。そしてオリジナルが歌われた当時の思い出はなくても、今はハコムスが歌っていた思い出がたくさんあります。『深呼吸して』のコーラス、とても綺麗だったな。


 この日の最後に歌われたのが高井麻巳子さんの『シンデレラたちへの伝言』でした。カルチャーズ劇場での私のいつもの定位置である最前の下手にいて、この曲のとき、ちょうど神岡実希さんが目の前に来て歌ってくれました。『シンデレラたちへの伝言』は2014年の新人公演のときから歌っていた曲です。新人公演の頃、ハコムスの初めての夏、今と比べたら幼い神岡さんと今はもういない人も含めたハコムスの面々を思い出してしまい、その懐古があまりにあざといなと自分自身感じてしまったのにはちょっと泣き笑いのような気分になってしまいました。いかにも古参の義務感だとばかりに過去を想起してしまったことになんだか自己嫌悪です。もっと今を見てあげたい。いやあ、でも神岡さん成長しましたね。


 『シンデレラたちへの伝言』のサビの終わりで神岡さんと目が合ったような気がしました。たまたま視線の先に私がいただけだと思いますが。神岡さんとの楽しかったこととか悔やんだこととか、いろいろな思いが流星雨のように頭の中で一瞬流れては消えました。ちょっと泣きそうになった。歌い終わった神岡さんもちょっと涙ぐんでいるように見えました。何を思ってのその感情なのかはわかりません。ライブの後に今日の神岡さんとても良かったよと伝えたかったけど、私が買う前に特典券が売り切れてしまったので伝えられなかったのが残念でした。


 結局神岡さんとはあまり距離が縮まらずに、そもそも縮まることがいいことなのかはわからないですが(ということを最近思うようになってきた)、神岡さんはハコムスから去ろうとしています。むかーし神岡さんに失礼なことをしてしまったのでその後悔もあって私も神岡さんに対してぎこちなくて、たぶん神岡さんも気付いているはずで、それが2人の間の空気の壁となり、双方が差し出した手は空を切って掴み損ねたまま、別々の方向に歩いていくだけなのかもしれません。気にしすぎかな。


 この公演でやっと神岡さんがあと少しでいなくなるという実感が出てきました。今更気付いても残された会える機会は限られているのですが。だけどこの公演を見られたことは本当によかったと思います。門前亜里さんが出た最後の平日定期公演をちょっと思い出しました。あのとき歌った『レモンドロップ』での感情の昂ぶりと似たようなのが『シンデレラたちへの伝言』にもあったと、終わって少し経った後気付きました。最後ではない公演でグッとくる体験が出来たことはとてもよかった。あと少し、神岡さんをしっかりと目に焼き付けたいと思います。