読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乃木坂46アンダーライブ@東京体育館(20170422)

 山崎怜奈さん言うところの「逆境の中で生まれたコンテンツ」である乃木坂アンダーライブですが、だからこその物語があるおかげで熱くなるのはわかっていつつも新参にはその物語に距離を感じることもあり、ただ楽しく良いライブを見せてもらえたらなというのが願いです。で、実際楽しく良いアンダーライブでした。今回のアンダーセンター渡辺みり愛さんの冷静さのおかげで、ともすれば無駄に悲壮感を帯びそうなアンダーライブが、グッと引き締まったライブとなっていました。演者側自らがアンダー史上最弱と自虐していたのは、実際ライブとなればそうであるはずがないということを信じているからであって、多分にコマーシャルな煽りであったはずですが、当の本人達からすれば必要以上のプレッシャーを与えられたわけで、だからこそそれらを乗り越えた上での最後の最後、トリプルアンコールの『ガールズルール』での爆発的な完全燃焼感が生まれたような気がします。個人に目を向ければ本編最後に歌った『インフルエンサー』でのダンス、鈴木絢音さんの振り切れたパフォーマンスは、去年の躍進が嘘でないことを体現しているようで、見ていて込み上げてくるものがありました。弾けるように踊る鈴木絢音さんからは、今年こそはという熱い気合いがあった。


 今はもうアンダーライブが始まった頃とはライブの位置付けがずれてきたように思います。アンダーでも仕事がたくさんあるほど乃木坂46は売れてきました。忙しい中でのライブは出来に直裁に反映されます。アンダーでしか見れないものを見に来ているはずなのに、これが選抜だったならもっと楽しいだろうなと思わせてしまうのは負けなんですよね。という感じで、私にとってはそのライブがきっかけだったこともあるけれど、アンダー東北ツアーの感動を超えるライブには未だ出会えてないのが現実です。勝手な思い込みですが、あの東北ツアーはアンダーでやるからこその必然性があったと思います(特にオープニングパフォーマンス)。とは言っても楽しいライブであったことは間違いないので、忙しい中をこうやって華やかな時間を見せてくれたことには感謝しかありません。12人お疲れ様でした。