読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ水曜定期公演 ~ハコムスペナントレース・2017冬~

 ハコムスの水曜定期公演が今面白いです。現在ハコムスは2つの定期公演を行っています。ひとつは月1回休日に行われる定期公演『ハコイリ♡ムスメの定期便』。もうひとつが隔週水曜日に行われる水曜定期公演『ハコムスペナントレース』です。定期便はその季節に合わせた楽曲を歌い、癒やしと安らぎを届けるハコムスの魅力が存分に楽しめる公演となっています。対してペナントレースはハコムス7人が3組に分かれて、その週のテーマに沿ってそれぞれが自分達で歌う曲や衣装を選んでステージをプロデュースします。ライブの後は投票があり、投票されたポイントによって最終的に優勝チームが決まります(優勝チームにはなにか賞品があったはず)。そうやって切磋琢磨競争して、力をつける場としての意味もある水曜定期公演ですが、これまで3回の公演を終えて、3回目にして面白さがグッと際立ってきたなと感じるようになりました。


 1回目2回目は阿部かれんさん率いる「Cherie」が勝ちました。これはチームリーダーの阿部かれんさんのプロデュース力によるものです。こういう衣装、こういうパフォーマンスをすればお客さんが喜ぶだろうなというのをちゃんと研究して臨んでいるのがよくわかります。チームメイトの星里奈さんと吉田万葉さんの見せ方もとても上手い。「かわいい」というテーマに対して阿部ちゃんは正攻法のチアガールで勝負してきて、完璧なぺこ&りゅうちぇるで挑んできた神岡ぽにょ組が最高に可愛いと私は思いましたが、阿部ちゃん必殺のチアガールには敵わなかった。ずるいよ。阿部ちゃんがチアガールなんて最高に決まってるじゃないですか。


 2回目テーマの「笑い」もCherieが勝ち、Cherie独走の流れとなりかけたところ、3回目のテーマ「透明感」でCherieの牙城を崩そうと、鉄戸美桜さんが繰り出してきたのは鉄戸さんの伝家の宝刀『ストローハットの夏想い』でした。鉄戸さんお気に入りの夏の曲で、こちらは歌で勝負です。良くないわけがないでしょう。今回はチームメイトの井上姫月さんとの2人でのパフォーマンスとなって、それはこれまでのストローハットとは違う新しい夏の景色を見せてくれていて、いつだってハコムスは成長していることを感じさせてくれました。その甲斐あってかペナントレース3回目にして初めて鉄戸組が1位。総合順位も拮抗してきました。


 とまあ、3回終わってどのチームも試行錯誤しながら自分達の持ち味の活かし方をわかってきたのかなという気がします。特に阿部ちゃんによる星さんの引き立て方が上手いなあと私は思います。神岡さんとぽにょのチームも悪くはないんですが、いつも微妙に何か足りない感じがする。お客さんを分析して対策したりして頑張ってるんですが、2人が考えすぎなのかな。鉄戸さんのチームはとにかく井上姫月さんでどう魅せるかというところで、なんとなく3期生がいるほうが有利なんじゃないかなと思ったりもします。


 グループ内で競うというと乃木坂46プリンシパルが有名ですが、ハコムスペナントレースはそこほど苛烈な競争はありません(裏ではどうかわからないけれど表向きは)。競い合いながらも3組ともハコムスとしての統一感があって、楽しそうにステージに立っているのが感じられます。それがいいのか悪いのかはわかりません。人が成長していくためには、プリンシパルぐらいの神経がぎりぎりまで張り詰めた経験が必要なのかもしれませんが、私はそこで疲弊していく女の子達を見ていられないので、今のハコムスの戦いぐらいがちょうどよいです(神岡さんなどすごい悩んでそうですが)。(そういう空気感だから人気が出ないんだよと言われれば返す言葉が無いんですが)。


 明日はペナントレース4回目、テーマは「涙」。悲しくもハコムスの失恋女優を担ってきた鉄戸さんと星さんの対決が見所です。Cherieは阿部ちゃんが欠席なのが痛いですが、そこで星さんがどうパフォーマンスするかが1位奪還の鍵でしょう。神岡ぽにょ組は神岡さんの悲しい表情の写真写りがいつも悪いということが気がかりです。鉄戸さんと星さんに注目が集まるところを神岡さんが新しい一面を見せてくれて一気に抜き去ってくれないかなあと秘かに願っています。