読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺田蘭世さんに心惹かれています

 乃木坂46さんが大好きです(これは昔『Berryz工房さんが大好きです』というはてなダイアリーが大好きだったのでそれをリスペクトして書いています)。全員好きです。というよりも好きになりたてでメンバーに関してはまだ嫌いなところに目がいかないのだと思います。選抜システムに代表される乃木坂の姿勢には賛成できないのですが。


 全員好きといっても興味の差はあります。推しメンは寺田蘭世さんです。全般的に2期生が好きなのです。


 もともと大人数のアイドルグループが苦手でAKB系にはそれほど興味がなく、それまでなんとなく距離を置きつつもしかし乃木坂46にはAKB系と違った魅力があり、好きか嫌いかでいったら好きだった乃木坂46ですが、個々のメンバーについてはそこまで関心はありませんでした。しかし今年の冬辺りでしょうか。乃木坂好きが多い私のツイッターのタイムラインにおいて、印象的で心に引っかかる女の子の画像が何回か流れてきて、調べたらその子が乃木坂46北野日奈子さんでした。そこでぐぐっと乃木坂への興味の度合いが高くなって、ちょうどよいタイミングで46時間TVが放送されて、それを見た私はこれから乃木坂にハマるのではないかという予感が生まれました。


 予感はあっという間に確信に変わりました。気になってくるとオタクの性というか、いろいろ乃木坂について調べ始めます。そこで出会ったのがサンクエトワール。北野日奈子さん寺田蘭世さん中田花奈さん中元日芽香さん堀未央奈さんからなる、『今、話したい誰かがいる』のカップリング『大人への近道』、この1曲を歌うためだけのユニットです。こういうユニットでユニット名まで名付けられたのは珍しいそうですが、私はサンクエトワールという語の響きに最初惹かれました。直訳すると五つ星。キャッチフレーズが「あなたにいちばん近い星 サンクエトワール」ということで、アイドルを星に例えがちな私からしたら、まさに私のためのユニットとしか思えませんでした。話はずれますが、フランス語で五つ星ということから、私はステファンの五つ子を思い出します。ステファンの五つ子とはエドゥアール・ステファンが発見した寄り添うように集まった5つの銀河のことを指します。星よりもさらに壮大ですが、サンクエトワールの5人を見るとステファンの五つ子のように寄り添う星々を想像します。


 サンクエトワールを知ったのと、曲がリリースされた時期は違うのですが、偶然サンクエトワールが歌っている動画を発見。彼女達の歌っている姿を初めて見たとき、申し訳ないことにひとりだけ名前がわかりませんでした。その人が寺田蘭世さんでした。言い訳させてもらうと名前は知っていましたよ。周りには乃木坂好きな人が多いので、ツイッターでたまに蘭世という文字が流れてきたり、乃木坂工事中などでバナナマン設楽さんが巻き舌で言う寺田蘭世という響きが耳に残っていて、寺田蘭世というメンバーがいることは知っていました。あと「とまらんぜ」というキャッチフレーズがあることもなんとなく知っていました。しかし顔は知らなかった…。すまぬ…。いやー、乃木坂のテレビ番組を見ていても興味がないと本当に覚えていないものです。そんなサンクエトワールの端で眠そうに歌っている(失礼!)この女の子は誰なんだろうと調べたら寺田蘭世さんとのことで、ここで顔と名前がやっと一致しました。



乃木坂46 『大人への近道』予告編


 『大人への近道』を歌っているところを見て不思議な雰囲気の女の子だなと思い、MVを見ても美術部の後輩としておっとりした役を演じていて、不思議ちゃんなのかなと思ったのですが、ブログを読んだらその印象ががらりと変わりました。


 寺田蘭世さんはブログが大変丁寧で、私は彼女の文章が大好きです。文章に気品があります。見た目からよくお人形さんみたいな可愛さがあり、か弱い印象を受けがちですが、文章には強さがあります。おそらく内に秘めた熱い想いをアイドルとして表現するのはまだ苦手でも、文章として気持ちを伝えるのは得意なのでしょう。


 そう、見た目からは想像できない熱量が寺田蘭世さんにはあります。


 研究生だったときから彼女はセンターに立ちたいと宣言しており、一見するとそれはあまりに無謀すぎるように思われます。未だ選抜入りしたことはありません。過去のブログを読んだり、最近届いたモバメを読んだりしていると彼女なりに苦悩していることが窺えます。しかし彼女はその決意を撤回しません。あるときのブログです。

初期の頃から
センターに立ちたい
っと言わせてもらっていて
だから、気が強そうとか
言われてきましたが
そういう事ではありません。


唯、目標を恥じらいなく言える気持ちだけを持ってるそれだけです。
本当は誰だって心の中で叶えたい目標って持ってると思うんです
でも、それを公言できるかできないかの差です。
こんな風に書いていますが
それは簡単な事ではありません。
別に公言しなくたって良い事です
むしろ、大きな声で言う方が馬鹿だと我ながら思うんです。



だって、叶わなかったら
恥ずかしい
なら、言わないほうが楽
普通ならこう考えると思います。


でも、私は不器用
スーパー不器用です


だから、言います!
言い続けます!



気弱くて
極度の心配症だから
流石にもう無理って思う事
逃げ出したいって思った事も正直あります。



でも、色々考えた結果
テラダの脳みその中に
「諦めたくない」
「皆に嘘をつきたくない」
どんなに辛くても悩んでもこう言うプラスな単語たちの方が勝ってくるんです

blog.nogizaka46.com



 強い。本人は気弱いと思っているようですが、強いです。自分なんか及びもつかないぐらい、普通に生きている人とは異なる次元の強さがある。脆さを自覚した上でそういう強さを持っている人に私は憧れます。


 そのような強さはステージに立つ者全般にあるものです。そして乃木坂はアイドルの強さが生み出す美しさを魅せるのがとても上手いと感じます。映像作品しかりブログやモバメしかり。雑にまとめるとお金があるというのはいいことだなあに尽きるのですが、それにちゃんと応えているメンバーは本当にすごいと思います。これが全国的に人気のあるアイドルグループの底力なのでしょう。人気が出てくるとたくさん取り上げられること多くなっていき、即ち誰でも手軽に乃木坂の物語を取り込むことができるのです。そんな感じなので、新参の私だってちょっとハマっただけで思い入れたっぷりです。


 そうやって乃木坂46に触れていくと自然とメンバー皆を好きになっていきます。誰もがそれぞれにしか出し得ない魅力を持っています。あとは共鳴できるかどうか。私は寺田蘭世さんの想いの強さに惹かれて、星が星を引き寄せるように私は寺田蘭世さんに引き寄せられました。


 私は寺田蘭世さんの熱くとも静かな佇まいに惹かれました。大きな瞳が好きです。笑うときに両手を口の前に持っていく仕草が可愛い。宝塚が好きというのも、歌劇好きにはエンターテイメントがわかっていて自分に厳しくない人はいないと勝手に思っているので好感が持てます。好きになってしまうとこうやってどんな点でも好きになってしまうのでしょうがないことですが。


 ここまで寺田蘭世さんをライブで見ずに抱いた感想です。本当なら春のアンダーライブ東北ツアーで寺田蘭世さんを見られるはずでした。しかし直前のライブで捻挫とのことで残念ながら欠席。悲しかった。それでも私は福島に行きましたが、乃木坂のライブを見られる幸せと、でも推しの子を見られない寂しさが混ざり合ったアンダーライブでした。そこからの夏、寺田蘭世さんを知って初めての夏、真夏の全国ツアーです。やっと寺田蘭世さんを見られる。


真夏の全国ツアー、私は仙台で初めて寺田蘭世さんのパフォーマンスを見ました。寺田蘭世さんはアンダーなので残念ながら後ろや端でパフォーマンスすることが多いのですが、それでも後方の真ん中ら辺にいることが多く、これはアンダーでも期待されているのではという感じでした。しかもしかもですよ。仙台では乃木恋リアルで寺田蘭世さんが選ばれました。今夏の真夏の全国ツアーいちばんの激ヤバコンテンツである乃木恋リアル、とっくに乃木恋をスマホからアンインストールした私でも本物の乃木坂メンバーが目の前で囁いてくれれば、それはもう膝から崩れ落ちるしかありません。仙台1人目で浴衣姿の西野七瀬さんが登場して会場絶叫。西野七瀬さんの一言一言につい笑ってしまうのだけど、乃木恋に忠実にめっちゃ真に迫っているのです。西野七瀬さんとのデートがあまりにもリアルすぎて(笑)、乃木恋リアルマジでやばいぞと確信。次は誰かと待ち構えたら寺田蘭世さんでした。マジかー、と心の準備が出来ぬ間に寺田蘭世さんが告白してきて、え? え? え? と戸惑っているうちに曲がスタート。『でこぴん』を寺田蘭世さんセンターで披露しました。寺田蘭世さん可愛いなあと、興奮してふわふわした心の片隅で思いました。


 生の寺田蘭世さんを見られるだけでもかなり幸せだったのですが(それは乃木坂全員に対して言えますが)、それは仙台最後の公演で起きました。センターステージで『嫉妬の権利』を歌っていたときです。赤く燃えているような情熱的な衣装で踊っていた彼女がセンターステージで仁王立ちのまま固まりました。そのとき私は双眼鏡で覗いていたのですが、双眼鏡越しに意志の強そうな寺田蘭世さんの瞳が私の視線と交錯したのです。目が合ってる!? 相手の目をひたと捉えて離さないような力強い視線がレンズ越しに私に届いてきました。ちょっとビビったよ。力強さと共にこのままで終わりたくないともどかしさがあるような瞳の揺らめきがあり、あんな真摯な瞳を見れて私は感動しました。


 結局レスですかと(レスですらないですが)、そこだけを取り上げるとチョロいオタクでしかありませんが、やっぱりそういう運命的な出来事は大事だと思います。寺田蘭世さんと双眼鏡越しで目が合ったことには運命的なのがありました(これこそチョロいオタク的)。それまで寺田蘭世さんへの一方的な思い入れだったのが、ここでやっと2人を繋げる記憶ができたことがうれしかったです。それですら寺田蘭世さんにとって知ることはなく、私からの一方的な物語なのは仕方のないことですが。


 長くなったので神宮についてはまた次の更新で。