読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長濱ねる『また会ってください』

 唐突ですが私、長濱ねるさんが苦手です。長濱ねるさんが可愛いことにはまったく異論がないのですが、自分が可愛いことをわかっていつつわかっていないと装っている上で装っていることもわからせているみたいな、書いてて自分でもよくわからないのですが、自分が可愛いことへの距離感の取り方の絶妙さ加減に私は一歩引いてしまうのです。長濱ねるさんは可愛すぎる。それは可愛いねと言われて、謙遜しても認めても反感を買いそうなほどの可愛さ。長濱ねるさんを見ていると、可愛すぎて相当苦労しているのではと勝手な想像をしてしまいます。


 そんな長濱ねるさんですが、これまで私が見てきた長濱ねるさんは可愛すぎて大変そうだなと思いつつも、可愛さにまつわる処世術がとても長けているような印象を受けました。彼女自身のことなので慣れているのは当たり前なのですが、まだ十代なのにすべてをわかっているようなその世慣れた感じに私は苦手意識を抱いてしまいます。しかしその部分でさえ好きなファンはいるのだろうなということは彼女の人気の高さから想像に難くありません。私は長濱ねるさんの可愛さにミスiD的なものを感じているのですが、ミスiDは可愛さの扱いの上手い女性が多く同性からの支持も高いと私は思っていて、そういう点から果たして長濱ねるさんが同性からどう思われているのか実際かなり気になっています。


 でまあ、可愛い可愛い長濱ねるさんはこれまで苦手だったんですが、欅坂46の2ndシングル『世界には愛しかない』のカップリングに長濱ねるさんのソロ曲が収録されており、そのソロ曲『また会ってください』が私好みのエバーグリーンガールポップであったので、今は苦手よりも好きに傾いています。

寂しさの風が木々たちを揺らし
蜩が名残惜しそうに鳴いた


 もう少し彼との距離を縮めたい女の子の夏の終わりの切なさ。切なくともとても爽やかです。夏の炭酸感がある。いかにも売り出し中の若手女優が歌いそうな曲を彷彿とさせます。もう少し具体的に書くとアゲハスプリングスっぽい。私がいちばん好きな若手女優曲である綾瀬はるかさん『飛行機雲』を思い出します。清涼感あるトラックに可愛さを湛えつつも透明度の高い長濱ねるさんの歌声がとても合っています。


 曲が好きならば長濱ねるさんではなくてもよいのではと考えてしまいますが、MVを見ているとやはり長濱ねるさんが歌わなければ意味がないという結論に至ります。MVの長濱ねるさん、なんだかんだやっぱり可愛いんですよ。ここまでくると前半でこねくり回した可愛さがどうのこうのとかどこかに吹き飛んで長濱ねるさん好きという気持ちになってしまい、つまりこういう気持ちの変化を起こしてくれるのがアイドルらしくて最高だなと思います。





欅坂46 『また会ってください』Short Ver.


 ちなみにひらがなけやきの『ひらがなけやき』も大好きです。