読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ『Season in the BOX~ムスメたちが駆け抜けた季節~』春休みスペシャル企画『鉄子の部屋』@AKIBAカルチャーズ劇場(20160322)

 いやー、激動でしたね……。


 2日前の珠希さん卒業公演で初めて新メンバー4人の顔と名前が紹介された。新メンバー最年少の10歳という響きに紹介しているメンバーでさえ酔いしれていて、それはもちろん珠希さん卒業公演における興奮もいくらか含まれていたが、今のハコムスを変化させるであろう新メンバーに対する期待みたいなのがあった。


 翌日にその新メンバーのひとりの樋井紅陽さんの過去が暴露されて、そのまた翌日である平日定期公演当日の昼に樋井さんのハコムス加入取り消しが発表された。あれは疑いとかそういうことなく明らかにダメだったね。事務所ちゃんとチェックしよー。


 そんな騒動が持ち上がって間を置かずに公演があるということでハコムスも大変だったと思う。しかも公演内容が新メンバーの紹介トークショーということで、4人が3人になり慌ただしくないわけがない。開演前にマネージャーから今回の新メンバーに関する報告と謝罪があり、場内が静まったところで公演開始。勢いよく出てきたメンバーの声にとてもホッとしたのを覚えている。


 しかしびっくりしたことに鉄戸美桜さんが大怪我をしていた。なんでも道路で転んだとかで、首に湿布をたくさん貼って、体を動かすのすら辛い模様。今回の公演は「鉄子の部屋」と題されていて鉄戸さんが司会のトークなので、鉄戸さんがいないと始まらない。だから無理してでも出てきたのだと思う。じゃなかったら絶対安静でないといけないような状態だったし。それとやはり騒動のこともあるのだと思う。鉄戸さんは責任感が強いから、この状況でリーダーの自分が欠けてはいけないとの気持ちの強さからステージに立っていたはずだ。


 内容としては新メンバーに事前に質問シートに回答してもらって、それを参照しながらのトークとなった。鉄戸さんは鉄子ということで黒柳徹子風のかつらをかぶり、もちろん頭からは飴ちゃんが出てきて神岡実希さんとても嘘くさく大喜び。トークは困ったら小松もかさんに振って、お馬鹿ないじられキャラとして盛り上げていたので小松さんグッジョブだったよ。最後に新メンバーからハコムスのライブを見たいとせがまれ、ソファーに新メンバーと怪我で動けない鉄戸さんの4人でちょこんと座ってステージ後方から見る感じでライブスタート。

  1. 君の歌、僕の歌
  2. 夏色キッス
  3. 真赤な自転車


 新メンバーへのサービスでメンバーも後ろをよく振り向いていて、ライブ終わった後には鉄戸さんがメンバーの濃厚なレスがすごかったと言って、それは言っちゃいけないよねー。レス云々言ってしまうと鉄戸さん自身もその呪縛に囚われてしまうよ。


 最後の挨拶において、鉄戸美桜さんが今日ここで皆様の顔を見れたことがうれしいと言い、あ、これ泣くなと思ったらすぐに涙声になって、大変なことになったけどここから強いハコムスを皆様にお見せしたいと力強く述べて、それがとても頼もしかった。あんなことがあった直後にステージに立つのは不安だよね。私も珠希さん卒業と今回の事態で離れかけていた心がその言葉で一気に引き戻されたようで、普段は秘めていても稀に輝きを爆発させる鉄戸さんの想いの強さに感動した。このような鉄戸さんの想いに出会うと、やっぱりこれからも応援していこうという気持ちになるし、好きという気持ちも強くなる。だけれど、それはやはり現場でしか受け取れないメッセージなのだ。現場でしかというか、それでも来てくれるファンに対してのメッセージでしかない。それでも私はその言葉を聞いたことで行ってよかったなと思ったし、なんとか未来に希望が持てた。そもそもが運営の一人相撲の騒動だし(あれは遅かれ早かれ絶対バレる)、それに巻き込まれたメンバーも不憫だし、この事態に立ち向かう鉄戸さんと現メンバーの想いの強さも現場以外に届かず、取り巻く状況に対して非力なのが悲しい。これはもう本当に仕方のないことだけど。なんとか逆境に負けないでほしい。


 あれやこれやあったけど、鉄戸美桜さんの誕生日2日前ということで鉄戸さんの誕生日のお祝いもした。心身ともに大変だと思うのに、遅くまで特典会で残って優しく接してくれて、本当にこの日は鉄戸さんの日だった。すべてが終わった後にロビーに飾ってあるスタンド花の前で鉄戸さんがファン一同と集合写真を撮ったのだけど、あいにくそのとき自分は外にいて、ふらっとロビーに戻ったらちょうど集合写真を撮り終わったところで、しかし鉄戸さんが入り口にいる自分を見つけて◯◯さんも撮りましょうと、再度集合写真を撮ってくれたの、その優しさが本当にうれしかったよ。いつも鉄戸さんは優しいけど、この日はいつも以上に鉄戸さんが優しかった。鉄戸さんありがとう。


 本当に行ってよかった。今のハコムスの気持ちを受け取ることが出来て、同じ方向を向かって歩んでいくスタートラインに立てたような気がした。大変だけれども歩みを止めないでほしい。信じてる。