読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ『ハコイリ♡ムスメの定期便3月号~君がくれた、かけがえのないもの~』@AKIBAカルチャーズ劇場(20160320)

 珠希さんありがとう!! 珠希さん最高だったよ!!


 ハコイリ♡ムスメ内山珠希卒業公演、これ以上ないほど最高の公演でした。こんなに派手にやれば珠希さんも悔いはないでしょう。最高すぎた。


 ハコイリ♡ムスメは80年代90年代のアイドルソングをカバーし、癒やしと安らぎ、そしてときめきを届ける女優志望の女の子7人からなるアイドルグループ。最近はオリジナル曲も歌うようになってきて、カバーで培ってきたハコムスの世界観が今はオリジナル曲によってさらに穏やかに広がりを見せている。そんな中でメンバー唯一明らかに異なる光を放っていたのが内山珠希さんだ。派手で明るくて、年頃の女の子が持ちがちな鬱屈とした重みをまったく感じさせない女の子。それが品行方正清純潔白なアイドルグループであるところのハコムスで活動するというのだから、それはもう最初から不思議な感じだった。


 一応珠希さんについてはハコムスに入る前から知っていて、それは芸能事務所に所属しているのに派手に遊んでいる中学生の女の子ということで自分の観測範囲に入ってきただけで、まさかその子がアイドル、それも清純派アイドルになるとは夢にも思っていなかった。そんなわけで珠希さんの奔放さはわかっていたので、最初から折り目正しい制服に心をキュッと押し込めているような窮屈感は否めなかった。


 しかし、しかし?、実際に握手会などで話してみると想像していたキャラクターよりも接しやすい雰囲気で、珠希さんとの握手会はいつも楽しかった。所謂ギャルなのに、というやつだ。気楽に話せるし、その裏表ない性格にいつも笑わされた。そして思ってたよりも純情だったのが意外だった。よく珠希さんは「次来る?」と聞いてきて、話すことがないだけなのかこちらの話がつまらないのかそれとも本当に不安なのかわからないけれど、その心配っぷりが面白かった。こいついつも来るなと最近やっと思われるようになってきたのか、そういうことも言われなくなってきたと思ったら卒業となり、本当に寂しい。


 自分にとって珠希さん好きだなと思い始めたきっかけが、2014秋の公演で『日曜はダメよ』を歌ったことだ。このときの珠希さんの可愛く歌おうという努力がすごく可愛かった。もちろん歌声もいいのだけど、それよりも可愛い曲には可愛い雰囲気で、という珠希さんの曲に対する姿勢に惚れてしまい、そこで好きに傾いたのだと思う。


 いつだってハコムスのお嬢様イメージからちょっぴり飛び出ていて、そのおかげでハコムスに画一的でない彩りを与えてくれていた珠希さんがいよいよ本気を出したのが去年の夏。珠希さん自らが言い出した自身のキャッチフレーズ「Love Peace World」は、はじめこそネタっぽかったけどいつの間にか定着していた。そのLPWをテーマに掲げ、夏のオリジナル曲『夏に急かされて』でセンターを任された珠希さんは、完全に夏を味方につけて暑い日々のステージを走り抜けた。TIFは最高の最高だったよ。スカイステージはまさしく珠希さんのためのステージで、夏の風に髪をなびかせながら堂々とセンターで歌う珠希さんがかっこよすぎて、門前亜里さんがいなくなった不安など消し飛んで、もう夏と心中したいぐらいの気分にさせられた。


 大活躍した夏から季節は変わり、秋、そして冬になり、リリイベが始まった。珠希さんはリリイベツアーも皆勤して、他のメンバーが休んだ穴をいつも埋めてくれていた。珠希さんの歌がなかったらリリイベは大変なことになっていたと思う。夏じゃない季節となっても珠希さんは頑張りを見せていて、それだから珠希さんが辞めるとは思ってなかった。本当に寝耳に水だった。最後のリリイベで珠希さんはハコムスを辞めて芸能活動事態からも退くことを発表した。そのときの珠希さんはとてもしっかりした言葉で自身の気持ちが込められていて、それは意外にもというかすうっと理解できた。


 びっくりすると同時にやっぱりかという思いもあったのは事実だ。だって自由奔放な珠希さんだもの。ハコムスは窮屈だったに違いない。


 門前亜里さんのときもそうだったが、誰であれ別れる直前というのは輝いてみえる。言葉に出来なかったもの、今まで秘かに思っていても感情の表面にまで浮かんでこなかった小さな気持ちが、あと少しで別れる寂しさも含んだ美しさを前にして、静かに浮かんでくる。珠希さんの卒業公演をソールドアウトにするためにメンバーが動画をアップしたりして、そういう感傷に拍車をかける。


 ふと立ち止まると切なくなるけれど、珠希さんが盛り上がる公演になると予告してるし、珠希さんが言うならそれは夏の太陽よりも間違いないので、当日はあまりしんみりした気分にならずに迎えた。私は180番台と、過去カルチャーズ劇場での整理番号でいちばん大きい番号。ハコムス初めてのチケット完売だそうで、珠希さんが2016年の目標としていたカルチャーズ満席を最後の最後に達成出来て本当にめでたいことだ。何故か前方柱の外側にも椅子席が作られていたので、こんな遅い番号にもかかわらず下手2列目柱外を確保。つまり、だいたいいつものポジションですよ。

  1. 微笑みと春のワンピース
  2. 約束のポニーテール
  3. baby blue
  4. 夏色キッス
  5. レモンドロップ
  6. Be My Diamond!
  7. なかよし
  8. じゃあね
  9. シャナナ(EN1)
  10. 海へ行こう 〜Love Beach Love〜(EN2)
  11. 夏に急かされて(EN3)


 2015年夏のOP映像の後に登場したのは夏の白い衣装を着たハコムス。そう、珠希さんといえば夏だし、その珠希さんの卒業公演なのだから夏衣装は必然なのだ。


 春を迎えるに相応しい『微笑みと春のワンピース』から、珠希さんの歌声が素敵な『約束のポニーテール』を最後に再び聴けたことがうれしい。珠希さんはかっこいい系の歌も好きだが、可愛くあろうとするときの女優らしさが私は大好きだ。その後の自己紹介で珠希さんは将来美容関係に進みたいと以前言っていたけれど、今は他にもいろいろなことに挑戦したくて迷っていると前言撤回みたいなことを言って笑わせてくれるし、始まりからして笑顔たくさんなのが珠希さんらしい。


 続く3曲は珠希さんセレクト。珠希さんがソロでも歌った『baby blue』は1列で歩きながら歌うシーンが大好きで、バスツアーで歌ったのが記憶に残っている。希望を感じさせる歌が珠希さんの未来を明るく照らしているようでとても良かった。『夏色キッス』と『レモンドロップ』は、もうこの時点でクライマックスになってしまったような感情の高まりに陥ってしまい、抗っても涙が込み上げてくる。珠希さんは涙脆い。よく泣く。初めて涙を見たのは新人公演千秋楽で、そのときも『レモンドロップ』を涙まじりで歌っていた。そういういろいろなことを思い出す。


 『Be My Diamond!』も珠希さんの歌が光る曲。そしてここで『なかよし』を持ってくるかという驚き。ハコムスの団結力、性格がバラバラのメンバーがひとつになって前へ進もうとするときの感動に溢れている『なかよし』をこのタイミングで歌うなんて早すぎだと思ってしまった。公演当日に『なかよし』MVが公開され、それもとても素晴らしいMVだった。今はいない門前亜里さんもたくさん写っていて、ハコムスの愛がたくさん詰まったMVは、珠希さん卒業への残り少ない時間を否が応でも高まらせてくれた。


www.youtube.com


 最後の曲の前にメンバーからお手紙を読んだのだけど、皆泣いている以上に笑えて、小松もかさんの第一声が「こんにちは」なのが最高すぎたよ。小松さんの距離感は誰に対しても不思議なんだね。私もこの日初めて珠希さんに手紙を書いてきたのだけど、メンバーがそれぞれ気持ちを込めたお手紙を聞いていると、自分のなんかどうしようもないつまらないものだなと凹んでしまった。阿部かれんさんが手紙を読み終わって抱きついて、それがいかにもぎこちないなと思ったら、初めて珠希さんに抱きついたとのことで、やっぱりハコムスのその距離感が最高だよなとすごく笑えた。


 最後は劇団ハコムスで『じゃあね』。明るく朗らかな終わり方だ。


 ずっとクライマックスのような公演だった。どの曲も公演の最後に相応しいような曲ばかりで、歌い終わる毎にありがとうと大きな拍手で珠希さんを送り出したい気分になった。


 しかし。会場の誰もがわかっていたはず。そう、珠希さんのいちばん好きな曲が歌われていないことを。


 訪れたアンコール。波の音が聞こえてきて、出てきたのはホットパンツに"LPW"Tシャツのハコムスの皆さん。しかし珠希さんがいない。珠希さん不在のままイントロが鳴り始めて、ハコムスが出てきた側と反対側から珠希さんが歌いながら登場。白を基調に色とりどりの花をあしらったワンピース、頭には大きな花冠、極めつけは『夏に急かされて』のMVでも使われた珠希さん私物のティアドロップサングラスと、登場した瞬間に大爆笑ですよ。珠希さん浮かれすぎ最高!!!!!!!


 MINMIの『シャナナ』を歌い、もちろんタオルを振り回します。まさかお淑やかなハコムスのライブでソカが聴けるとは思わなかった。大盛り上がり。ハコムスらしさよりも珠希さんらしさが勝った大爆笑のライブ。大サビの珠希さんに至ってはメンバー全員、私ももちろんケチャしますよ。珠希さんかっこいいよー。珠希さんだけでなくみんなかっこいい。やっぱりTシャツ&ホットパンツ最高。ホットパンツから伸びる阿部かれんさんのお御足の素晴らしさよ。Tシャツの裾を縛っている小松もかさんなど踊っている最中にチラリチラリとお腹が見えて最高だし、神岡実希さんの浮かれている表情なども最高だ。


 続いての『海へ行こう』も、最初の「海へ行こう!」の掛け声から間を置かずのイントロにもう完全に涙腺が弱くなってしまった。最高ーーー。珠希さんに出会えてよかったよ。泣きそうなのにすごい楽しくて、切なさを超える速さで笑顔にしてくれるハコムスに感謝。最高すぎるから、この曲だってケチャしちゃうよね。


 珠希さんはアンコールが楽しみすぎて、本編ではあまり泣けなかったと告白していたけど、それもそうでしょう。これこそ珠希さんがやりたかったライブなのだから。アンコールが本編、前座が1時間半という定期便3月号珠希さん卒業公演でした。あまりに突き抜けすぎていて、しんみりさせにきた劇団ハコムスが蛇足に思えるほど。やっぱり珠希さんは浮かれていなきゃ。アンコールになってやっと神岡実希さんとの唐揚げ戦争が和解するなど、卒業公演にするべきことのすべてがアンコールに詰まっていた。本当に本編はなんだったんだという気持ち。ステージに出てきた大量の唐揚げを前にして、最近は唐揚げよりも焼き肉が好きとあっけらかんと言い放つ珠希さんの空気を読まない感じも珠希さんらしくて最高の最高だよ。


 最後は当然珠希さんのセンター曲『夏に急かされて』。歌うことが快感すぎてカラオケボックスにいるような感じになってる珠希さんにつられて他のメンバーもすごくよい笑顔だし、もちろん私も笑顔で、そんな笑顔に溢れた公演で最後の曲が『夏に急かされて』とくれば最高に決まってる。珠希さんのセンター、力強い歌声、すべてがかっこよかった。大サビ前の珠希さんの決め台詞である「Love Peace World」は、去年の7月に初めて聞いて、そのときは大爆笑だったけどこれが本当に最後の聞き納め。LPWを言う前に私を見たのは気のせいだったかな。かっこつけた決めポーズで「Love Peace World」と言い放ち、曲が再スタートとするかと思いきや上手に移動して「Love Peace World」、下手に移動して「Love Peace World」、客席に降りてきてカルチャーズ劇場の中心で最後の「Love Peace World」と計4回の「Love Peace World」と珠希さんLPW祭り。みんな大爆笑だよ。珠希さんやりきったね。


 最高に最高で最高な卒業公演だった。珠希さんありがとう。こんな笑顔でいっぱいの卒業はこれまで見たきたアイドルで初めてだよ。とても珠希さんに似合っていた。


 普通の女の子に戻った珠希さんがいったいどんな道に進むのかわからないけれど遠くから応援してるよ。こんな最高な時間忘れるわけがない。珠希さんハコムス卒業おめでとうございます。そしてありがとう!!!






www.youtube.com