読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ 2014 Summer Reprise

 冬のある日、秋葉原の地下に夏が舞い降りた。素晴らしい公演でした。これこそエモいということでしょう。


 ハコイリ♡ムスメは癒しと安らぎ、そしてときめきを届けるアイドルグループとして2014年夏に結成され、これまで季節感を大切にたくさんのアイドルソングをカバーし、たくさんの物語を紡いできた。そのハコムスが過去の公演をリバイバルして季節を巡るのがこの冬隔週で行われているSeason in the BOXという公演。隔週火曜日の公演を重ねる毎に過去へ遡っていき、とうとうハコムス初めての季節である2014年夏を再演することになったこの日、鉄戸美桜さんがノロウィルスで欠席という突然の悲しい事態になり、自分も秋葉原に向かうモチベーションがゼロぐらいの勢いで凹んだけれど、公演が始まってみれば、確かに鉄戸さん不在の寂しさはあるものの、最高の時間を過ごせたし見たいものが見れた公演だった。久しぶりにハコムスで泣いたよ。

  1. 君の歌、僕の歌
  2. 最初のキモチ
  3. 避暑地の森の天使たち
  4. はんぶん不思議
  5. 夏色キッス
  6. シンデレラたちへの伝言
  7. 夏休みは終わらない
  8. 海へ行こう 〜Love Beach Love〜
  9. レモンドロップ


 2014年の夏を思い返す。ハコムス初めてのステージである公開ゲネプロも行ったし、新人公演もすべてとはいわないまでも2回行って千秋楽の皆の涙に私も涙した。買ってはないから実際はわからないけど薄そうな生地のTシャツを着て踊る彼女達を思い出したし、ハコムスの初めての衣装である青いストライプのワンピースが大好きで、あの衣装を撮れるんだろうなと公演を見に行ったら、自分が行った公演は2回とも撮影可能曲がTシャツで凹んだのも思い出した。千秋楽を見て、その夜に夜行列車で四国に向かったこと、夏の夜を走る列車の個室で昼に撮ったハコムスの写真、涙で瞳がきらめく門前亜里さんの写真を見返したのも思い出した。9月の反省会公演で母の花柄のワンピースを着て踊る門前さんがとても美しすぎて、その夏少女然とした姿を見てため息しか出なかったのも忘れられない。


 たくさんの記憶が甦り、それに付随するハコムスとは関係ない記憶までも芋づる式に掘り起こされてくる。そのような強い時潮に引かれつつも、圧倒的に迫ってくるのは今のハコムスだった。産まれたばかりの子鹿のようだった新人公演での彼女達とは比べ物にならないぐらいに成長した現在のハコムスがそこにいて、今の彼女達が描き出す夏はより鮮烈で、遠く淡い夏の記憶と対比をなしていた。


 何よりも『海へ行こう』だった。皆が声を合わせて「海へ行こう!」と叫ぶと間髪入れずにイントロが始まったのが最高すぎて流れた涙を隠すために今すぐ夏の海に飛び込みたくなったよ。イントロで腰を低くして海を望む小松もかさんの希望に溢れた視線が大好きで、そのわくわくしている瞳に胸が高鳴るし、「君に出会えてよかった」と歌いながら遠くを見つめる小松さんに私も胸がいっぱいになる。その視線は新人公演よりもTIFのスカイステージを思い出させた。青い空に映える白い衣装、門前さんのいなくなった喪失感を忘れさせてくれる少女達の歌、こうやって記憶が輻輳していく。


 そして『レモンドロップ』は聴く度に毎回必ず涙が込み上げてくる曲になってしまった。テンポよく刻まれるリズムに感情も少しずつ高まっていく。横一列に並び肩を組んで前に進んでくる印象的なシーン、泣き顔だらけの新人公演千秋楽を思い出して、何度でも泣いてしまう。最後のハモりも、弱々しく頼りなげだった新人公演の頃の影は消え去り、天高く伸びる手と同じような、強く真っ直ぐ届いてくる歌声となっていた。『レモンドロップ』はずるいなあと思うくらい泣かせてくるし、そうやって記憶を掘り起こしてくれるのがとても心地良い。


 鉄戸美桜さんがいなかったことは寂しいが、それでも素晴らしい公演だった。きらめきの粒子が降り積もって時の流れの重さを感じさせつつも、目の前にいるのは軽やかに今を進む少女達で、過去と現在を行き来して美しい景色を見せてくれて感謝しかない。ありがとう。




 そして話は5日後。




 鉄戸美桜さんがお休みして不完全な公演だった先日のSeason in the BOXは、それでも2014年夏公演の再演としてとても素晴らしいものだった。しかし出られなかった鉄戸さんは悔しかったに違いない。今のハコムスでステージに立てる時間はあと少しで、数日後には内山珠希さんがハコムスを卒業してしまう。その前に7人であの夏を再現したい。私もそれが見たい。その想いが通じたのか、ハコムス7人での最後の対バンは5日前のSeason in the BOXの再演、即ち2014年夏の再々演となりました。奇しくもその対バンはハコムスが初めて出た対バンと同じアイドル甲子園。その告知ツイートを読んだだけで並々ならぬ決意が伝わってきて、鉄戸さんが書いたかどうかもわからないのに、それは自身の不甲斐なさを責めているような鉄戸さんの7人のハコムスにかける強い気持ちが溢れているように感じた。対バンは行かないよとこのブログでも何度も書いているけれど、こればかりは行かないわけにはいかない。あの夏の再来はこれが最後かもしれないと思い、勇んで向かったよ。いつも通りの最前下手端で待機して、出てきたハコムスは7人。もちろん衣装は2014年新人公演と同じ細いストライプのワンピース。

  1. 君の歌、僕の歌
  2. 最初のキモチ
  3. シンデレラたちへの伝言
  4. 夏休みは終わらない
  5. 海へ行こう 〜Love Beach Love〜
  6. レモンドロップ


 再び、最高な2014夏だった。もうこのまま夏と共に死にたい。いろいろな想いが寄せては返し、時間の狭間を心がたゆたう。涙が出るよりも速くハコムスの笑顔が届き、込み上げてくるものが一瞬で焦がされる。


 今回も『海へ行こう』が素晴らしかった。5日前も素晴らしくて感動したのに。この曲は目の前にずっと阿部かれんさんがいて、驚くぐらい本当にずっと阿部ちゃんがいて、最前で見ている私の視界からはみ出るぐらいに踊る阿部ちゃんの跳ねる身体がとても眩しく、ただただ見つめることしか出来なかった。後になって思い出してみたら門前亜里さんがいたポジションに阿部ちゃんが収まっていることにやっと気付いたよ。そうか、こうやって阿部ちゃんをずっと見ていたように、私は門前さんを見ていたんだ。そう思うと不思議な感じがした。私はハコムスが歌うカバー曲がオリジナルとして歌われていた頃を知らない。この門前さんを思い出す感情は、オリジナルを知っている人がハコムスを見て湧く感情に初めて触れたような気持ちだった。懐かしくて新しい。目の前の阿部ちゃんの存在の眩さと、遠く離れて記憶の中でだけ輝く門前さんの存在が連星のように引き寄せ合い、長く見続けること、時間を積み重ねることでしか受け取ることの出来ない光を放っていた。


 ハコムスは過去のアイドルの名曲を今に甦らすアイドルグループだ。過去と現在を繋いで、時の流れで古びない歌の素晴らしさを今に伝えるグループ。結成して1年と半年ちょっと、経験を積んで彼女達は時を巡るのに手慣れてきたように思う。そんな彼女達が古き良きアイドルではなく自分達の過去を掘り起こして、今の成長を伝える。それがSeason in the BOXである。遠い時代の忘れ去られた情景を優しく掬い上げるグループとして結成されたハコムスが自分達の過去と向き合っていることに感動がある。過去が、積み重ねてきたものがあるということに時間の重みを感じずにはいられない。そうやって自らと対峙して作り上げられたステージは、十代という人生における輝かしい瞬間、大人になるとそう思わざるを得ない瞬間をステージに捧げてきたことへの尊さに溢れていて、それはもう感謝を超えた祈りみたいな気持ちになる。かけがえのない時間をハコムスとして私達と過ごしてくれて、ありがとうという気持ちしかない。


 寄せては返す波のように2度も私を眩しい夏へと呼び戻してくれたハコムス。それは素晴らしい時間だった。あの初めての夏と同じように優しく微笑んでくれた神岡実希さんの眼差しを思い出しながら、ずっと見続けてきてよかったと本当に思ったし、ハコムスがここまで続いてくれたことにとても感謝している。そんなハコムスも内山珠希さんが卒業することでひとつの物語が幕を閉じる。珠希さんの最後は夏が似合う珠希さんらしい公演に違いないし、笑顔がたくさん溢れることになると信じてる。楽しみにしてるよ。


map.pigoo.jp