読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ『クラウドファンディング特典スペシャルX'masイベント』@AKIBAカルチャーズ劇場(20151220)

factory.pigoo.jp


 いいようにお金を払う従順なハコムスのオタクなので、クラウドファンディングの是非とか考えることもなく、手は勝手に支援のボタンをクリックしてましたわ。でも前回は門前亜里さんの手紙が頂けるから一瞬も迷わなかったですが、今回は躊躇した。うそ、前回も躊躇したわ。お金で手紙を買うのはどうかなのかってもやもやがあったのは確か。しかし頂いた手紙を読んでみると、これはビジネスだと割り切って考えられないほどの優しい言葉に溢れていて、そりゃ門前さんのことをますます好きになりますわ。よくある、なんでファンレターを書くのという問いに、その手紙を読んでいる時間は書いたあなたのためだけの時間なんだよーという純粋すぎるファンタジーのような問答がありますが、同じようなことがこちらにも言える。私宛の手紙を書いている時間は私のためだけの時間なのであって、時間をかけてくれるその気持ちに本当に感謝しかない。話がずれた。ハコムス2回目のクラウドファンディングについてです。私が支援したのは1万円のコースで、イベント参加権と2015年のオフショットDVDがもらえるというもの。2015年ですから、もちろん門前さん在籍時の映像も入っています。事前に神岡実希さんは欠席と知らされていましたが、直前で菅沼もにかさんも舞台のために欠席と、5人のハコムスは少し寂しいですがこればかりはしょうがないですね。女優としてこの先を考えるなら、ハコムスよりも個人仕事を優先しましょう。


 クリスマスイベントということで、サンタ衣装は予想していたけど、まさか白サンタとは思わなかった。去年は普通の赤いサンタ衣装だったので、そこの衣装を変える余裕があるんですね。いや、皆さん可愛い。去年は内山珠希さんのサンタがとてもサンタ慣れしていて最高だったという記憶が強いのだけど、去年はいなかった新メンバーの阿部かれんさんもそのスタイルの良さで当然のようにサンタを着こなしていてすごい。というか、全員素敵。やっぱり白が良いのかな。赤だと子供っぽくなりがちなところが、白いサンタで皆とてもスマートに見える。その中でも特に小松もかさんが素晴らしい。小松さんは本当に白が似合う。小松さんの時折空っぽに見える心と雪原のような衣装の白が相まって、私の心も無音の境地まで連れてってくれます。尚、去年は神岡実希さんがやっていたトナカイですが、今年はぽにょでした。ぽにょのトナカイ可愛すぎるでしょ。着ぐるみで見えないだろうからと迷彩柄の私服を中に着てたのだけど、実は襟元から迷彩が見えていて、いつも隙が無いぽにょにしてはドジっ子でしたね。

  1. X'masがいっぱい
  2. さよならのプリエール
  3. うたたねのソファー
  4. 夏に急かされて
  5. Snow celebration
  6. スノーブーツのWish
  7. All I Want For Christmas Is You


 クリスマスらしい選曲の中で一際輝く『夏に急かされて』。この白は入道雲でもあったんだなあと、遠い夏を思い出そうとしながら目を細めます。端っこで見てたらばっちり鉄戸さんからレスを頂けて最高のクリスマスプレゼントですよ。ぽにょはめっちゃ暑そう。スノセレとスノーブーツも大好きな曲だし、今年の冬も聴く機会がたくさんあってうれしい。スノーブーツのゆったりと心を預けたくなるよな心地良さに癒されます。あととにかく白いサンタ衣装が本当に素敵。アイドルに白い衣装なんて、当たり前すぎてこんなに使い古されたものはないでしょと思っていたけれど、やっぱり強度がすごい。純白は強かった…。夏のハコムスを見ていたときに、その白い衣装に毎回ため息をついていた身が、冬になって忘れた頃にまたその眩しい白さにやられてしまった。


 途中の企画ではプレゼント抽選会とクリスマスの告白対決。1月の福袋では当選したので、今回も当たる予感しかなかったけどかすりもしなかった(泣)。現在私は犬柄のトートバッグを使っているので、神岡さんの犬のトートバッグも是非欲しかったんだけどな。後でどこのバッグか神岡さんに聞いてみよう。クリスマスの告白対決は、ステージの真ん中にひとりで立って告白するメンバーにこちらまで赤面しつつも、そのメンバー越しに見える鉄戸小松ぽにょの興奮っぷりが最高でそちらのほうが面白かった。一言言う度に鉄戸さんが体くねらせて身悶えしているので大爆笑したいんだけど、告白しているメンバーは大真面目なのでグッと我慢です。鉄戸さん笑いすぎでしたよ。皆さんシチュエーションをしっかり考えてきていて、告白そのものよりもそういうディテールをどこまで作り込めるかみたいなところで、ちゃんと妄想しているんだなーということにグッときまくり。珠希さんの普段出さないような可愛い声は微笑ましいし、小松さんの待ち合わせに遅れて到着して髪の毛を直す仕草めちゃめちゃ可愛かった。でもこの告白対決、なんといっても一番だったのは大トリの阿部かれんさんでしょ。大阪弁はズルい。ズルすぎる。普段は標準語なのに、こういうときだけ大阪弁で愛嬌よく振る舞うの、完全に怖い女。角のとれた丸い大阪弁で阿部ちゃんに話しかけられたら誰だって惚れてまうやろー。阿部ちゃん大好き。公演後の特典会では阿部ちゃんのチェキが長蛇の列となってましたがそれも納得です。ちゃんとわかってて大阪弁を使う阿部ちゃん最高だなー。


 最後にクリスマスらしい曲としてマライア・キャリーの『All I Want For Christmas Is You』。誰の選曲なんでしょうね。冒頭のソロが内山"LPW"珠希でして、緊張していたのか綱渡りのような歌唱。ハラハラしつつもなんとか歌いきって私も心の中でガッツポーズしていたら鳴り響いてきた鈴の音。最高ですね。当然英語詞なんですが、結構皆さんアバウトで大爆笑。完全に適当に歌っているでしょ。勢いでなんとかなると思ってるでしょ。でもこういうパーティー感最高だよね。めっちゃ笑わせてもらいました。曲のアウトロのまだ音が鳴っている途中で鉄戸さんが「本日はありがとうございました〜!!」って挨拶したのがショー感がありまくりで、あぁ、彼女達はステージに立ってこそなんだなとか、こんな素敵な時間を過ごせて幸せだなとか、いろいろなことが込み上げてきて泣きそうになった。笑ったり泣いたり、本当最高。


 素晴らしいクリスマスイベントでした。5人だけだったのは寂しかったけれど、気持ちのこもったイベントで、その優しさに感謝です。ありがとう。


f:id:intheflight:20151231184123j:plain