読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ『ドキ♡浴衣だらけのハコムス納涼祭 ~流しそうめん始めますか?~』@AKIBAカルチャーズ劇場(20150731)

 ハコムスが浴衣でお祭りしちゃいます!! TIFの前日にお祭りです。こういう季節に合わせたイベントを開催してくれるハコムスはちゃんと自分達のグループイメージをわかっています。ハコムスの皆さんも浴衣とのことで、こちらも浴衣を着てAKIBAカルチャーズ劇場に向かいました。同じように浴衣のオタクは結構いましたね。


 時間になりカルチャーズ劇場の中に入ったら、受付のスペースに広がっていたのは流し素麺とスーパーボールすくいの子供用プール。そして浴衣姿のハコムスの皆さん。あぁぁぁ………、素敵すぎるじゃないか……。皆さん浴衣がとても似合ってらっしゃる。納涼祭、もとい天国でした。秋葉原の地下に夢のようなお祭り天国あったよ…。


 自分がまず向かったのはかき氷でした。1杯1000円のかき氷。嘘じゃないです。お祭りでよく売られるあのジャリジャリでシロップが色鮮やかなかき氷が1杯1000円。でもハコムスがシロップかけてくれるのだから安いというかありがたさしかありません。かき氷売り場で迎えてくれたのは内山珠希さんと菅沼もにかちゃん。挨拶しても浴衣姿を褒める言葉しか出てきません。浴衣のハコムス、みんな可愛い。皆、髪も綺麗に結い上げています。劇場支配人が氷を削って、珠希さんがシロップをかけてくれて出来上がったのがブルーハワイのかき氷。最高の青ですよ。サクッと食べて2杯目。お次はイチゴとカルピスのあいがけ。みんなの浴衣姿は最高に夏祭りだし、ハコムスかき氷めっちゃ美味しい。


 納涼祭会場の劇場受付はそんなに広くはなく、そこにハコムスとオタクが入り混じっているので最早カオス。流し素麺はハコムスの皆さんが素麺を流してくれるのですが、特にその近辺の混雑っぷりは半端なかったので近寄れませんでした。ただカオスとはいってもパニックになるほどではなくて、奇跡的に絶妙なバランスで賑わっているという、ハコムス運営の客の見積りすごいなと感心しました(おそらく何も考えてないだろうけど)。奥のほうではハコムスがサインしたスーパーボールを子供用プールに浮かべて掬う出店が開かれていて、すぐ隣に浴衣のハコムスがいるのに、彼女達そっちのけでみんなスーパーボールすくいに夢中になっていましたね。オタクの隙間を華やかなハコムスの皆さんが通り抜けていくその空間はちょっと信じ難いほどの非現実さがあって、これが夏祭りで一歩大人に踏み出した女の子の勇気と背中合わせなのかなと考えてみたり。少し時間が経つとそれぞれの持ち場が入れ替わり、その度に混沌とした納涼祭がさらに混沌に、夏の空気が掻き回されます。今日はかき氷しか食べないぞと決めていた自分は3杯目、神岡実希さんからメロンのかき氷を頂きました。神岡さんは門前亜里さんの矢絣の浴衣を借りて、大人っぽく仕上げていました。神岡さん大好き…。でも、門前さんの浴衣姿も見たかったよ…(泣)


 オタクが一通り遊んで雰囲気がゆったりしてきたからか、最初はそれぞれの仕事に精を出していたハコムスの皆さんもだんだんと自由になってきて、かき氷を食べ出すメンバーも出てきました。阿部かれんさんはブルーハワイで真っ青になった舌を見せてくれたり(可愛い…)、かき氷のシロップは色が違うだけで味も香りも全部同じなんだよと得意げに教えてくれたり(可愛い…)、阿部ちゃんのお茶目なところが存分に見れて最高でした(可愛い…)。


 ライブ前のお祭り出店イベントで既に大満足なのですが、まだライブが残っています。既に可愛さを過剰摂取しまくっているのに、このままでは死ぬのではと危惧しながら最前端っこへ。


 浴衣姿でハコムスの皆さんが登場して、1列に並んだ時点で拝みたくなる気分。夏最高。ありがとうございました。浴衣で動きにくいので、立ち位置は固定で、自分がいた上手側は鉄戸美桜さん、我妻桃実さん(ぽにょ)、阿部かれんさんでした。本当にみんな美しすぎる。特に鉄戸さんがやばいくらいお淑やかな雰囲気で、ちょっと高1とは思えない。鉄戸さんは阿部ちゃんの浴衣を借りていて、阿部ちゃん自身もそうですが、とにかく阿部ちゃんの持っている浴衣が子供っぽくない大人な浴衣で、それを着た2人が雅やかに夏の夜に輝いていて、ちょっともうため息しか出ない感じです。

  1. シンデレラたちへの伝言
  2. 夏色キッス
  3. レモネード・キッス
  4. secret base~君がくれたもの~
  5. 夏に急かされて


 この納涼祭のために用意されたのは『secret base~君がくれたもの~』でした。これがまた鳥肌が立つぐらい素晴らしかったです。動けない分、歌と表情で魅せるしかないわけですが、これは本当に歌が良かった。歌声が綺麗に重なっていく様を静かに聴いていると、心の汚れが洗い流されていきます。夏終わっちゃうんじゃないかと思いたくなるほどのクライマックス感、なんだか花火で遊んだ後の煙の残り香さえ漂ってきそうな空気がありました。最後は浴衣で『夏に急かされて』。浴衣でも内山"LPW"珠希さんは最高でした。


 ライブ後の特典会では、この日は断トツで鉄戸美桜さんの浴衣姿が素晴らしかったので、鉄戸さんと2ショットチェキを撮影。鉄戸さんと紅の浴衣の相性がぴったりで、控えめな雰囲気だけど、ビシッと芯のある美しさに、鉄戸さんの秘めた強さを感じました。ここ最近の頼もしい鉄戸さん大好きですよ。鉄戸さんばかり褒めてばかりだけど、いや、全員最高だったよ。珠希さんの浴衣の袖を捲り上げた元気っぷりも最高だったし、小松もかさんや菅沼もにかちゃんの町娘的な浴衣姿も素敵だったし、ぽにょのお転婆っぽい雰囲気も可愛かったし、でもね、鉄戸さん圧倒的だった。


 TIF前日にして、TIF終わった感がありました。それぐらいハコムス納涼祭は楽しく素晴らしかった。夏の始まりとして、最高の1ページ目を刻むことが出来ました。ありがとう!!