読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『チョコレートドーナツ』

 門前亜里さんが感動したと以前言っていたので観てきました。


 ゲイのカップルがダウン症の男の子を拾って育てる話。久しぶりにどん底に突き落とされた映画を観ました。悲しい。けれどとても美しくて、この美しいと思う自分をぶん殴りたくなる。どうせ自分は涙しか流せない偽善者だ。こんなにも無償の愛を注げるのは何故だろうと、スクリーンに涙しながらずっと考えてました。1970年代というまだまだ差別の厳しい時代に、優しいという言葉で片付けられない強い愛があった。悲しいけれど、たとえひとときでもマルコが幸せと感じる時間を過ごせたことは喜ぶべきことなのかな。



『チョコレートドーナツ』予告編 - YouTube