読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ@ほくそう春まつり(20150426)

 春の妖精に会いに千葉奥地のニュータウンまで行ってきました。遠かった…。暑かった…。でも、最高だった…。晴れ渡る青空の下で見るハコムスは最高でした。春を通り越して夏のように強く降り注ぐ太陽の光に負けそうになったけど、ハコムスは太陽よりも輝いていましたよ。


 事前に新メンバーの阿部かれんさんは欠席すると告知されていましたが、当日になって鉄戸美桜さんも体調不良で欠席とのことで、6人でのライブ。会場に早く着いてハコムスのリハを見ていたら、パートとかポジションでギクシャクする場面が多く、本番に不安を覚えましたが、実際本番では大きなミスも無いように思えました。というか、ちょっとぐらいの失敗はこの青空が許してくれます。


 セットリストは1回目2回目共に去年の夏セットリストと春の新セットリストの組み合わせ。初夏を思わせる陽気に夏の曲が映えます。『最初のキモチ』も『海へ行こう』も『夏色キッス』も歌ってくれて、世界でいちばん夏に近い場所ってここかもという気分です。夏の曲も、ボイトレを受けた後のハコムスに歌われると、以前よりも鮮やかに力強く歌が届いてきます。対して、まだ歌い始めたばかりの春の曲は優しく胸に届いてきます。『baby blue』にはこれまでのハコムスよりもリズミカルなステップの振付部分があるのですが、そのときの我妻桃実さん(ぽにょ)がとてもかっこいいです。動くところと止めるところがはっきりしていて、コントラストの高いダンスに目を奪われます。


 そして、聴けば聴くほどオリジナル曲の『微笑みと春のワンピース』を好きになってきます。曲の始まり、縦に1列になったメンバーが左右に分かれ、その中心のいちばん後ろから菅沼もにかさんがソロで歌い始めるのですが、それがつぼみから花開くイメージそのもので、ハコムスの現在進行形を表現しているように思います。神岡実希さんが歌う大サビで「あなたのコール待ってるちいさなつぼみなの」という歌詞があって、そこにインスパイアされているのでしょうか。現在のアイドルシーンで大輪の花を咲かせるのは本当に大変です。大抵はそこに至る前にしぼんでしまう。でもハコムスは懸命に花開こうと頑張っている、そういう健気さが曲から感じられます。季節を巡り、走ることに慣れてきて、そこからさらに一歩大きくジャンプする瞬間の今のハコムスにしか歌えない曲だと思います。ハコムスだからこの曲が歌えて、この曲だからハコムスが輝きます。僕も『微笑みと春のワンピース』が大好きで、これを歌っているハコムスが何よりも大好きです。


 本当は物販ではあまりお金を遣う予定はなかったのだけど、楽しくって出費がかさんでしまいました。野外だものね。仕方ない。握手会なんて毎回凹んで、行かないほうが落ち込まずにいられるし、ライブ見て楽しいまま帰ったほうがいいのかなと思うのだけど、なんだか顔だけでも近くで見たくて握手会に参加してしまいます。かなりの確率で結構凹む。でも内山珠希さんなんか、面白いことすら言えない自分に飽きることなく「次来る!?」と毎回聞いてきてくれて、そのあっけらかんとした話しっぷりに気が楽になるのです。この日、6人の最後に握手したのは門前亜里さんで、かけてくれた言葉以上にそのときのギュッと握ってくる手にびっくりしてしまって、どうしてこんな強く握ってくるのかなと、うれしさと共に若干不安にもなりました。門前さんどうしたのだろう。どんだけ童貞かと思われるかもしれないけれど、握手会に参加しておきながらアイドルの手を握るってことに及び腰になることが多く、握手会ではいつも手を差し出すだけで、ぶっちゃけ握るか握らないかは向こうの気持ち次第みたいな状況にしてしまって、小松もかさんに至っては握手せずに終わるなんてこともよくあり、まあそういう感じなので、この門前さんの握力に戸惑ってしまいました。握手会は難しいな。


 ハコムス以外のグループも書いとかないと。リリスクさんはやっぱりかっこいいですよね。僕は普段からリリスクトートバッグを使っていて、よく街でもアイドル現場でもヘッズですかと聞かれて申し訳ないと思っていて、ちゃんとライブ行かないとなという気持ちになります。この日は『ゆめであいたいね』を聴けたのがうれしかった。LinQさんは本当に久しぶりに見て、知らない曲ばかりやるのだろうなとハコムス物販テント近くから遠くのステージを眺めていたら、1曲目が『ハジメマシテ』でうれしすぎてステージのほうに向かっちゃいましたよ。聴いたことある曲ばかりライブしてくれて懐かしくて楽しかったです。


 遠いし暑かったけど、それよりも楽しかった。ハコムスのライブを見たら、会場までの遠さなどどうでもよいなと思ってしまいました。行ってよかった。皆さん暑くて大変だったろうけど、見せてくれたステージは太陽よりも眩しく、星空を見るよりも心を穏やかにしてくれました。野外最高よ。ありがとうございました!!