読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコイリ♡ムスメ『第一回ハコムス・バレンタインチャレンジ~甘い言葉とチョコには、お気をつけあそばせ~』(20150214)

 ハコイリムスメのバレンタインイベントに行ってチョコレートを作ってきました!! バレンタイン当日にアイドルとファンの交流イベントなんて、双方ともにこれでいいのかという疑問も湧きますが、開かれるのなら楽しいこと間違いないので迷わず参加ですよ。


 いつ以来か忘れるほど久しぶりのエプロン着用でした。エプロン自体、イベントの数日前に買ったし。自炊も久しくやっておらず、自炊していた学生時代でさえエプロンを付けずにキッチンに立っていたので、振り返ってみるといつかの調理実習以来かもしれないエプロンでした。このイベント、撮影可能な時間が設けられていて、後で他の参加者が撮った写真で、偶然自分が写っている写真を見つけたのですが、呆れるほどエプロン姿が似合っていない。おいおい。普段から料理をしないから似合わないのか、なんというか身にしっくりきていない感がすさまじく、その写真のアンバランスさが不気味で見なければよかったと後悔しました。エプロンに限らず、似合う服というのは難しい、そう思わされた次第です。


 話がぐぐんと飛びますが、しっくりこないというと、文章の一人称も曖昧に定まらないまま、いろいろ書いてはいてもどれも自分の身体から少し離れて浮いているような、しっくりこない現状です。おっさんと呼ばれる歳になっても、「私」という呼称は少しむず痒い。大人になりきれていないのだと思います。このブログでは「僕」と書いていますが、これもそろそろ恥ずかしい時分です。「俺」と言えるほど力強くはないことは俺がいちばんよく知っているので候補にすら挙がりません。自らが宙ぶらりんになったまま言葉が零れていって、どんなに書いても自分の考えた言葉ではない感覚に陥ります。もどかしい。なんか『ぼんとリンちゃん』でもそんなこと言っていたような。と、僕の話はこれぐらいにしておいて、ハコムスです。ハコイリムスメのバレンタインイベントです。


 イベント参加したのは50人弱。それぞれのメンバー毎にチームで分かれてチョコレートを作って、講師の方に優勝者を決めてもらう、かなり本格的な対決です。予約時にどのメンバーと作りたいか選ばされるのですが、門前亜里さん大人気。さすがハコムスの母性。門前さんにあやされたく、子供になりたい大人達に愛されているのがよくわかります。門前さんだけ全員希望通りにいかず、抽選で他のメンバーに回された人がいました。僕はありがたいことに門前さんチーム。心の中でガッツポーズ。素直にうれしい。


 全員エプロンを着て待っているところに、まずはメンバー登場して挨拶と意気込みです。ハコムスの皆さんもエプロン姿ですよ。か、かわいい。鉄戸美桜さんが三つ編みにトトロのエプロン、か、かわいすぎる…。門前亜里さんが二つ結び、ぴょこんとした髪型が、か、かわいすぎるでしょ…。菅沼もにかさん、真っ白のエプロン最高じゃないですか…。全員かわいい…。かわいい言い過ぎて、かわいいが空虚で空っぽの言葉となったとしても言い続けたいほどかわいい。と、かわいいの飽和で、一通りため息をつき過ぎて呼吸困難な勢いです。最初からこれで大丈夫でしょうか。


 その後はそれぞれのチームに別れて調理スタート。チーム門前亜里は最大派閥、門前さん含め9人の大所帯です。門前さんはクックパッドのレシピをスケッチブックに自分なりに写してきていて、所々イラストが入った可愛らしいレシピとなっております。スケッチブックをパラパラしたら、以前の定期公演告知イラストも描かれていました。か、かわいい…。


 門前チームが作るのはガトーショコラ。あのふんわりとしつつ中はしっとりしてるあれですよね。難しくないですか。しかし門前さん、前日に自宅でも作って練習してきたそうで自信ありげにクッキングを開始します。メンバーは門前さんの指示に従って手となり足となり手伝いました。門前さんはレシピの手順をきっちり守って進める手堅い戦略です。聞いたところによると、レシピがあっても結構アバウトなチームもあったらしく、こちらは門前さんの真面目な性格が功を奏するのか、興味深いところ。途中、門前チームで取っておいたガーナチョコがどこかに奪われ、ブラックチョコレートを使わなくてはならないなどのピンチもありましたが、なんとか生地を作り上げオーブン投入。


 他では菅沼もにかさんが泣いてしまったり、鉄戸美桜さんが応援団になって門前さんにエールを送ったりと、いろいろハプニングがありながらも皆チョコレートを完成させました。焼きに25分かかる門前チームはいちばん最後の完成。最後の儀式として、リーダーである門前さんが粉糖をぱらりぱらりと振りかけて出来上がりです。焼く直前にみんなで埋め込んだラズベリーが隠し味として活きているのか、まだ誰も味見せずに講師の審査なので心配もあります。でも見た目はとても美味しそうですよ。それぞれのチョコレートが出来上がって、審査の前にメンバー同士で食べ合っていたり賑やかにしているところで撮影タイムが始まりました。パシャパシャ。門前さんメインで立ち回ってたから内山珠希さんや菅沼もにかさんを少ししか撮れなかったよ。残念。門前さんと神岡実希さんが抱き合ったり、菅沼さんが門前さんを抱え上げたり、仲良い空気がそこかしこで生まれていました。このほんわかとした空気がハコムスですね。楽屋はうるさいらしいですけど(笑)。






 そんなちょっとした撮影会の後に審査発表。講師のお二方が全員のチョコを食べてみて、これがいちばん素晴らしいと選んだのは、門前亜里さんのガトーショコラ!! 選ばれてもキョトンとして、自分が優勝したことに気づかない門前さんが一瞬遅れて喜びの笑顔に。おめでとうございます!! やりました、チーム門前優勝です!! 選評によるとラズベリーが大成功だそうで、みんなでラズベリーつまみ食いした門前ファンの団結の力ですね(そこまで自分は貢献してなかったけど)。門前さんが離れている間にスケッチブックをみんなで盗み見して結束力を強めたことが良い方向に活かされました。ひそひそと読まれてることを知った門前さんがめちゃくちゃ恥ずかしがってたの可愛かったな。



 最後にお見送りでチョコとメッセージカードを受け取って終了。帰り道も自然と笑顔にならざるを得ない楽しいイベントでした。


 バスツアーと同じく、始まる前は高いイベントだなと思ってましたが(だって参加費12,000円ですよ)、終わってみれば最高のバレンタインでした。今の規模だから出来るアットホーム感あるイベントで、ライブで感じる空気感と同じものがこのイベントでも感じられたのが良かったです。皆さんの女の子な部分をたくさん見ることができ、ハコムスらしさが存分に溢れた素敵なイベントでした。素晴らしいバレンタインをありがとうございました。ハコムスの皆さんはリアルなほうのバレンタインはどうしたんでしょうね。