読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢野フェス

 矢野フェス。毎年恒例となってきました。今年は2日間。自分は1日目だけの参加です。永遠の矢野フェスオープニングアクトこと南波志帆さんは今年も素晴らしかったです。『セプテンバー』からの『カノープス』。9月に『セプテンバー』を聴けて矢野フェス始まる前に感無量、このまま帰ってもいいですか。南波ちゃんは透明感は変わらず芯の強さがよりはっきりとしてきたように思います。久しぶりに南波ちゃんのライブを見ましたが、遠くまで届く透き通った歌声がやっぱり大好きです。そして今回の矢野フェス、自分にとっていちばんの目玉はtofubeatsです。いやあ、トーフ君もとうとう矢野フェスですよ。しかもアイドルを多数引き連れてのパフォーマンス。NegiccoのMeguさんの『水星』も良かったし、南波ちゃんの『LOST DECADE』はトーフ君の笛ことウインドシンセサイザーが炸裂してました。lyrical schoolはトーフ君のリリスク曲でいちばん好きな『プチャヘンザ!』を歌ってくれて、リリスクのグルーヴと生バンドのグルーヴが極まって最高の最高過ぎた。最後はリリスクネギッコ南波ちゃんにチアガール勢揃いでの『ディスコの神様』。これがパーティーですよ。
 ホスピタリティ溢れる矢野さんのおかげで最後までずっと楽しめました。そりゃ矢野水も買います。音楽は楽しいなあと思わせてくれるフェスでした。