読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南波志帆「こどなの階段」リリース・インストアライブ 〜こどなの博多〜@アミュプラザ博多(20110619)

 天神から博多に移動して、博多駅に併設されている商業ビルのテラスでのイベント。博多駅の工事が終わり、新しくキレイになってるのにびっくりしました。テラスに設置されたステージの向かいでは山笠の小屋を建築中で、新しい木の香りが梅雨の水中を泳いでるような湿気に含まれて漂ってきます。人もそこそこ集まったところでイベント開始。「こどなの階段」リリースツアー最後のイベントです。

  • ごめんね、私。
  • シャイニングスター
  • それでも言えないYOU & I
  • こどなの階段

歌っている途中に衣装と同じ赤のネックレスが弾けて、それがツアーを見守る役目を果たしたかのようでした。このツアーはずっと前で見てて、最後くらいはと後ろでまったり見てたんですが、お客さんを見渡す南波さんの優しさが、後ろのほうまでしっかり伝わってきました。というか、目が合ったりすると、わざと後ろに下がってレスもらおうとしてるのではないかと思われてそうで心苦しかったです。そういう意味で下がったんじゃないんだよー。いやしかし、どこで見ても南波さん最高ですね。歌う度に力強くなっていきます。僕の好きな「それでも言えないYOU & I」もこれでしばらく聴けなくなると思うと寂しい気持ちになるし、この一連のツアーで初夏の若木のようにぐんぐん伸びていく南波さんを見れたのはとても幸せなことだなという思いでいっぱいです。今が南波さんの一歩一歩の加速がいちばん大きいときなのではないでしょうか。見る度に大きく成長している南波さんがいます。今の南波さんは、こどもでもありおとなでもある危ういバランスの上で奇跡的に鋭くきらめいている、まさしくこどなです。そんな南波さんは美しくて、見ているととても幸せになれます。楽しいツアーでしたよ。南波さん、ありがとうございました。



こどなの階段<タワーレコード限定>

水色ジェネレーション

水色ジェネレーション