読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欅坂46『二人セゾン』全国握手会@幕張メッセ(20170121)

 行ってきました〜、全国握手会。疲れた。とにかく疲れた。天国と地獄を行きつ戻りつ、結果的には欅坂の皆さんの笑顔をたくさん見られたので行ってよかった。改めて大変なイベントだなと実感したけれど、メンバーと顔を合わせると感謝しかない気持ちとなります。ありがと〜


 なんで個別握手会じゃなくて、わざわざ混雑することが必至な全国握手会に行ったのかというと、もう坂の握手には関わらないと個別の握手券をそもそも買ってなかったからです。あと全国握手会には握手会の他にミニライブがあるから。そのときのシングルに収録されている全曲を歌う、ミニといってもボリュームのあるライブです。やっぱり私は握手よりもライブやねん。前日ぐらいまでは早く会場に行って、いい整理番号をもらおうかどうか迷っていましたが、いざ当日の朝起きられず。結局会場の幕張メッセに着いたのはミニライブ開始の1時間前で(それでも普段の開演ぎりぎり到着の私からしたらがんばった)、入場口でランダムで受け取ったチケットに記されていたのはA4ブロックという文字。いちばん前のブロックの上手の端のブロックでした。端だけど後ろのブロックよりは全然よいかな。A4ブロックの中でも後ろのほうに陣取ったのだけど、ライブ開始まで1時間ほど待ってもブロックは全部埋まりませんでした。A4後方はすかすか。超快適。


 パーソナルスペースを十分広く取れたところで見られたミニライブはもちろん良かった。1曲目が『二人セゾン』。リリース当初も好きでしたが、時が経つほどにこの曲がますます好きになっています。最近は朝、家から駅までの道を『二人セゾン』を聴きながら歩く毎日。冬の朝の光と『二人セゾン』のメロディーはとても合う。少し早歩きにさせてくれるビートは仕事に向かう憂鬱さを和らげてくれて、駅に着く頃にはポジティブな気分にさせてくれます。大好き。


 MCでは新年の抱負などを全員述べていく流れだったので、思った以上に時間のかかったミニライブでした。途中、『千と千尋の神隠し』について無邪気なのか無邪気そうに振る舞っているのかわからないけれど自由奔放に話す平手友梨奈さんが見られて、そんな平手さんを見ていると泣きたくなってくるのは何故だろうと思いつつステージに目を凝らしていました。MCで他のメンバーが話しているときにMCそっちのけでお客に手を振りまくる志田愛佳さんと渡邉理佐さんも面白かった。


 ミニライブまでは天国でした。ほとんど並ばなくて、ライブも快適に見られて、人混みにうんざりするだろうという悲観的な予想と全然違ってびっくりしました。しかしここからが大変だった。本当に疲れた。ミニライブから一旦退場して、お昼ご飯を食べた後、握手会のために再び幕張メッセに入ろうとしたところ、とんでもなく長い入場列に遭遇しました。終わりが見えない入場列。歩いて歩いて、やっと辿り着いた入場列の最後尾からは幕張メッセが見えませんでした。並ばされたのは吹きさらしの駐車場。強い海風が寒かった。そこから少しずつ進んでいって、入場はまだまだだとしても、歩いているということは入場に近づいている実感を与えてくれて、もうどのくらい並んだか覚えていないぐらい並んでやっと幕張メッセに入場。外は超寒いのに中はめっちゃ暖かかった。寒暖差厳しいのつらいわ。


 全国握手会は欅坂46のメンバーが2人もしくは3人1組となって握手します。今回の組み合わせは1期生と2期生のペアが多かった。やはり1期生のほうが人気があるので人気分散の意味もあるのでしょう。以下握手した順番にちょっとした感想。

佐藤詩織・土生瑞穂

 やはり最初は佐藤詩織さん!! 佐藤詩織さんにワンマンライブ素晴らしかったよと伝えるために私は幕張メッセまでやってきたのです。並びもスムーズに進んでいって、荷物を預けて握手券を渡して、まず目に入ってきたのは佐藤詩織さん。アイドルとの握手会は何回行っても緊張するものですし、初めて対面する人だと尚一層緊張してしまうわけで、がちがちになりながらも言葉を振り絞って佐藤さんにワンマンよかったよーと伝えられたけれど、何と返されたかまったく記憶にない(泣)。間近で見た佐藤さんははっきりとした顔のパーツと白い肌がとても綺麗だなと感じました。あわわわしてたら流されて土生さんとも握手したはずなんだけど、こちらもまったく覚えていない。幸せだけど悲しい。しかし自分が浮かれていることだけは確かな実感としてあって、握手し終わった後も歩みを止めたら挙動がおかしくなりそうな感じでずっとうろうろ歩き続けていた(完全に挙動不審)。

織田奈那・鈴本美愉

 続いてはおだなな。欅坂で最初に興味を持ったメンバーがおだなななのでやはりここは行かなくてはと。偶然にも2組続けて1期生だけのペアです。まずは鈴本さんには風呂場での騒動を面白おかしく描いた個人PVが好きなので、個人PV好きだよと伝えたら喜んでくれて、いい流れでおだななへ。向き合って早々おだなな可愛い可愛い連呼して激褒めしたら、おだななくしゃっとした笑顔になって可愛かった…。オタクは褒めるしかないのです。

長濱ねる佐々木美玲

 前の2組が並びも厳しくなく意外とあっさり握手できたので、これは人気メンのレーンもいけるのではと長濱ねるねるに並んだら尋常じゃない列のくねくね。何回列を折り返すんだというぐらいにねるねるねられて人間でなくなりそうでした。しかし1時間以上並んでの長濱ねるねる、超超超可愛かったので問題ないです。一瞬でもやっぱねるねる。本当に一瞬で、その可愛さはもう光の矢のようで、射抜くように心に残像を残していった圧倒的な可愛さ。長濱ねるねるすごい。ふにゃりとしているようで可愛さの強度がダイヤモンド並。並んだ甲斐があった。一緒に握手した佐々木美玲さんもチャーミングな笑顔でよかった。

佐藤詩織・土生瑞穂

 長濱ねるねるの並びで疲れきってしまったので、握手券最後の1枚は並びの少なそうなところへ(泣)。人気ないのかな…。列も短くてすぐに握手できるかなと並んだら、私らのちょっと前で突然の休憩が入ってしまいました。再開してすぐに自分の番となって、握手ブースに入ったら佐藤さんは座りながらの握手でした(泣)。体調悪いのかな。ライブ中も咳してたしね。無理しないでと思うなら並ぶなという話なんだけど、やはり最後に顔を見たかったので…。体調のせいなのかどうなのか目がウルウルしてる感じで、それはもう綺麗なんだけどごめんなさい〜という気持ちになってしまってごめんなさい。こちらの言葉に丁寧に答えてくれたのがうれしかったけれど、座っている佐藤さんを見ると、その負担の一端を担っていることに自己嫌悪してしまいますね。


 欅坂の皆さん、本当にお疲れ様でした。全国握手会で一日中握手して、翌日にも個別握手会も控えているなんてみんなすごいよ。去年初めて乃木坂の握手会に参加して、もうこういうのは遠慮するかなと言っておきながら参加して、再度同じような気持ちになっています。握手会を避けていながらも、それでも伝えたいものがあると、『二人セゾン』やワンマンライブを通じて思ったので私は全国握手会に参加しました。そして参加してよかったなと思っています。つらそうなメンバーを見るのはこちらまでつらくなってくるけど、やはり面と向かって感謝を言えたことはとてもよかった。最近、乃木坂や欅坂の握手会の券を売るフォーチュンミュージックのCMが新しくなりました。そのCMでちょうど私が欅坂の全国握手会に参加するときに抱いた気持ちとまったく同じものが描かれていて、CMを見ると自分のことかと結構ドキッとします。真面目にあのCMは理想論じゃないんですよ。少なくともここにひとりは感謝の気持ちを伝えようと握手会に出向いた人間がいます。そういう気持ちで握手会に参加することでメンバーの負担を正当化できるかというと難しいけれど、そうであったらメンバーもうれしいんじゃないかなと信じつつ、実際は握手会はもういいかなと私は思っています。そう思っていても未来の自分はわからない。次は参加しないと決めても、それを覆すぐらいの新曲やライブを届けてくれたらなと願っています。そしたらまた会いに行きますよ。


 疲れたけど、いい1日でした。感謝が伝わったかなどうかな。ただの自己満足になってないか不安というかやはり自己満足なのかな。ともかくも、欅坂の皆さんありがとう。

新年の挨拶と佐藤詩織さんをしーちゃんと呼ぶことがまだ恥ずかしいことについて

勝負は本当に、今年だと思います。


昨年の濃い1年で学んだことを生かし、
もっともっと成長して行かなければなりません。




それには、欅坂46
32人が力を合わせていく必要があるし、


何より、今までの様に、欅ファミリーの皆様の応援が必要です!





どうか、2017年も私たちの応援宜しくお願い致します!

www.keyakizaka46.com


f:id:intheflight:20170114160002j:plain


 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。年末年始は実家に帰っていました。実家の家庭菜園ではブルーベリーやさくらんぼ、みかん金柑柚子などを育てていることは知っていたけれど、りんごまで植えていたことは初めて知った。フルーツパーラーか。紅白は録画で見ました。乃木坂46は辞めてしまう橋本奈々未さんにフォーカスしてしまうのはしょうがないなと思いつつ、果たしてそこにどれだけの視聴者が思い入れがあるのか、私は『きっかけ』を歌ってほしかった。そして欅坂46の『サイレントマジョリティー』は2016年を締めくくるに相応しい完璧なパフォーマンスだったのではないでしょうか。キマりまくっていた。誰も敵わない。最高だ。そんな世界には愛しかない気持ちで迎えた新年、実家ではずっと欅坂のブログを読んでいました。他にすることがないの。佐藤詩織さんのブログを最初まで読み終えました。『二人セゾン』とワンマンライブを経て、私は佐藤詩織さんを完全に好きになってる。初期の頃の佐藤さんのブログを読んで、あの頃が悪いわけではないと断った上で、今の佐藤さんはとても素敵だと断言できます。しっかりと自分を取り戻していて、それが最近のブログにも表れています。やはり『二人セゾン』でフロントに選ばれたことが自信を生んだのでしょう。そんな佐藤さんの文章は暖かく優しいです。ステージでのパフォーマンスと同様に文章にもしなやかさがあって、なおかつ選ぶ言葉が生み出すリズムがとても可愛い。一筋の途切れない清流のように、読んでいてテンポよく入ってくる心地良さがある。そして何より、感謝の気持ちに溢れています。溢れすぎ(笑)。私が不安を覚えるぐらい佐藤さんはブログで周りに感謝しています。今の欅坂のものすごい勢いを見ると、感謝してもし足りないという、そう思わざるを得ない感情は十分わかります。だけどちょっと怖い。感謝は大事ですが、今の仕事に適応しすぎているんじゃないかなとちょっと心配になります。もう少し気楽にと外野の私は思ってしまうのですがやはり難しいですよね。だって『二人セゾン』でやっとフロントに立てたのです。フロントにいたから、私は佐藤さんの素晴らしさを知ることができたのです。今スポットライトを当てられていても、いつ影に隠れるかわからない。『サイレントマジョリティー』の頃の悩んでいるブログを読むと、今も実は崖っ淵なのではないかと思ってしまいます。だから感謝する気持ちもわかります。ネガティブに考えすぎかな。感謝の裏で佐藤さん自身も怖さを感じているのか気になります。そんな感謝しまくりの佐藤詩織さん(ほんとはしーちゃんと呼びたい)に感化されたのか、私も欅坂に感謝したい気持ちで今はいっぱいなのです。握手会に行って私も感謝の気持ちを伝えたい。私は去年初めて乃木坂46の全国握手会と個別握手会にそれぞれ1回ずつ行きました。参加してみて、こういう握手会はもう行かなくてもいいかなと思いました。実際に参加して、メンバーはこうやって一日中握手しているのかということが想像でなく実感として重くのしかかってきて、その場の一員としていることが結構つらかった。あと、握手会とは握手するイベントとわかっていても、握手するだけの握手会が苦手です(?)。テンションの持っていき方がわからない。例えばリリイベなどでミニライブを見て良かったから、その感想を述べるために高まった気持ちのまま握手するとか、そういうきっかけが乃木坂のような大規模な握手会にはないのが自分には厳しい。乃木坂欅坂ほどではないアイドルの連日リリイベなどに慣れきったオタクなので、理由(ミニライブ良かったから)と結果(握手会に参加)がダイレクトに結びついた現場でないと生きてゆけないのです。(坂の全国握手会はミニライブがありますが)握手するためだけにどこかに赴くのが億劫で仕方なかった。そう、これまでは。しかし2017年の私は違う。今の私はまだまだ欅坂ワンマンライブの感動が胸の内に熱く燃えていて、感謝を伝えたい気持ちでいっぱいです。佐藤詩織さんに負けないぐらい感謝の気持ちに溢れている。年を跨いでもまだ消えない感謝がある。だから、人混みは大嫌いですが、来週の全国握手会に参加することを決めました。本当は個別握手会にも参加したいのだけど、もう佐藤さんは完売なので仕方ありません。とにかく1月21日に佐藤詩織さんと向き合って感謝を伝える、そのために2017年を生きているのだというぐらい、マジで言いたいことがあるんだよという決意で幕張に向かうつもり。正直なところ、握手会の売れ行きとかで一喜一憂するメンバーを見ると、ちょっと違うなと距離を感じることはあります。しかしこれが現実なのは変わりなくて、そういうルールの上でメンバーは頑張るしかないのはわかっているのですが、握手会がメインになってほしくない。やはりステージで輝いている姿をもっと見たいです。パフォーマンスで感動したい。どんなに遠くても、それ以上に強く輝けば、誰かの希望となりうる、そういう可能性がステージにはあります。光は必ず届く。そしてそれは人を変える力があると私は信じています。ずっとバレエをやってきた佐藤さんも信じているはず。『二人セゾン』の佐藤さんは私を変えてくれた。これからの未来の、自分の、それから世界の変化をもっと体験したい。だから、歌って舞うことが原点であることを忘れないでほしい。思い返しても、本当にワンマンライブは素晴らしかった。あの有明で、美しい瞬間を永遠に刻むかのように躍動していた欅坂の皆さんは、確かにあのとき世界で一番輝いていて、世界には愛しかないことを信じさせてくれた。そういう瞬間をこれからも欅坂で出会いたい。佐藤さんもブログで書いていましたが、今年こそ勝負の年です。いい曲をもらって、それをさらに飛躍させるようなパフォーマンスを見せてくれたら、もっと好きになれるし、もっと素晴らしい世界になると思う。というようなことをたった数秒、体感で一瞬のうちに握手会で伝えられるとは思っていないけれど、なんとか佐藤詩織さんと欅坂に感謝している人間がここにも一人いると伝えるために来週幕張に行きます。待っててしーちゃん!!

2016年まとめ

ハコイリ♡ムスメ

 2016年のハコムスは激動のハコムスだった。2人卒業し、3人加入し、1人謹慎し、1人は加入前にヤンキーであることが発覚(泣)。4月に小学生が加入したときはどうなるかと思ったが、若いほど成長が早いということを証明するように、3人の新メンバーの成長に喜びを見い出すような1年だったと思う。まさか星里奈さんが歌の中心メンバーになるなんて、加入した頃の緊張しまくっていた顔からは想像できなかったわ。タワレコ内のレーベルであるペンギンディスクに所属し、CDリリースに伴うリリイベツアーはメンバーの新たな一面が見れたりしてよかった。今年ハコムスが新しく歌ったオリジナル曲はお世辞なしにどれも好きですし、カバー曲の中では『お引っ越し』と『土曜日にタマネギ』が好きです。正直なところ、私は内山珠希さんの卒業で燃え尽きてしまった部分もあるのだけど(珠希さんの卒業公演は2016ベストライブ)、それでも義務感を感じない程度でハコムスに通っていると、その季節と共に移ろいゆく少女心に癒されるのでハコムスを好きな気持ちは変わらず。まあ私のことは置いておいても、新しいファンは確実に増えているし、やってることに間違いはないので、あとは届いてほしいところにちゃんと届けられればさらに人気が増えていくのではないかなと。
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com



乃木坂46

 まさか今更自分が乃木坂にハマるとは思わなかった。今年は乃木坂で3回遠征した。遠征楽しかった…。初めて握手会にも行った。握手会はもういいかな…。モバメも取り始めた。寺田蘭世さん(と鈴木絢音さん渡辺みり愛さん)が好きなので選抜よりもアンダー寄りのオタク。ライブで見た伊藤万理華さんのパフォーマンスの気高さに衝撃を受ける。神宮バースデーライブで近くに来た西野七瀬さんからハートを受け取って放心したのも良い思い出。実際2016年の乃木坂に私の好きそうな曲がほとんど無かったので、寺田蘭世さんを好きだからなんとか追いかけている状況になってしまっている。最初の熱量は大きかったが、早くも冷めそうな気配。いい曲をください。
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com



欅坂46

 乃木坂を好きになって、乃木坂にもどかしさを感じるようになったら欅坂に流れますよね…。とにかくトータルプロデュースが素晴らしい。シングル表題曲がいい曲というのがなんと幸せなことよ。在宅で満足していたのだが、TIFのスマイルガーデンで見た欅坂に思いの外感動。クリスマスの初ワンマンライブを2回見たが最高の最高。欅坂の勢いに圧倒されたライブだった。欅坂は全員好きという姿勢だったがワンマンライブを経て佐藤詩織さん推しになりそうです。
yuribossa.hatenablog.com




よかった買い物

  • chromecast。在宅が超捗る。

よかった本

  • 植本一子『かなわない』

 有無を言わせず圧倒される生き方。

かなわない

かなわない



よかった映画

 あまり映画は見なかった。『シン・ゴジラ』も『君の名は。』もよかったが、それを超えて『この世界の片隅に』が素晴らしかった。そして『この世界の片隅に』にも通じる、日常をただ生きるだけでも尊いことを描く『恋人たち』は、こういう映画に出会えたことに感謝してもしきれないほど救われた。



よかった演劇

 演劇もそんなに見なかった。好きな乃木坂が好きな作品をやるということ以上に、『墓場、女子高生』は素晴らしかった。最後の鈴木絢音さんのコーラがとても印象深い。『ロミオとジュリエット』は逆再生することで物語の輪郭が強くなって美しさを際立たせていたのがよかった。いつ高シリーズは安定の面白さ。今年いちばん後悔したことはいわき総合高校の『魔法』を見なかったこと。悔やんでる。
yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com



よかったライブ

  • ハコイリ♡ムスメ内山珠希卒業公演
  • イックバル浦郷えりか963などが出た福岡でのライブ
  • 生田絵梨花『Alice in Musicland』
  • Buono!武道館(ライブビューイング)
  • 欅坂46ワンマンライブ

 ハコムスは珠希さん卒業公演が珠希さんの良さを存分に引き出した公演となっていて最高だった。東京で見られなかったイックバルをはるばる福岡まで見に行ったが、対バンのメンツも最高で福岡に行った甲斐がある楽しさだった。生田絵梨花さんのひとりミュージカルは後半の流れにこれが歌の力かと感動。Buono!復活武道館では日本でいちばん最強のアイドルはBuono!だと確信。欅坂の初ワンマンライブはデビュー間もないアイドルなのに、ライブが総合芸術に域に達していたことに感動。



よかった曲

  • ハコムス全曲
  • 長濱ねる『また会ってください』
  • 欅坂46『二人セゾン』
  • 欅坂46『世界には愛しかない』
  • フィロソフィーのダンス『告白はサマー』
  • スピッツ『みなと』
  • スカート『CALL』
  • tofubeats『SHOPPINGMALL』

yuribossa.hatenablog.com
yuribossa.hatenablog.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com



よかったアルバム

よかったMV

  • 乃木坂46『ハルジオンが咲く頃』
  • 欅坂46『世界には愛しかない』
  • 欅坂46『二人セゾン』
  • スカート『CALL』

 よかったというか、毎朝家を出る前に見ていて思い入れのあるMV。



よかった歌詞

  • 欅坂46『世界には愛しかない』の「僕は信じてる 世界には愛しかないんだ」

2016年記憶に残ってる出来事

  • ぽにょがツイッターを始める。ぽにょの自撮り可愛すぎ問題。
  • 2月の46時間テレビで乃木坂に興味を持つ。
  • 乃木坂工事中のバレンタイン企画で齋藤飛鳥さんに興味を持つ。
  • サンクエトワールを知って、寺田蘭世さんを知る。
  • 南波志帆さんがアルバム2枚リリース。
  • 『ハルジオンが咲く頃』での乃木坂駅のパネル。
  • 舞台鑑賞と乃木坂アンダーライブで2ヶ月連続で福島に行く。
  • 福島で乃木坂遠征のガリバー氏と温泉巡りする。乃木坂アンダーライブ福島からの帰りの新幹線内でモバメを登録する。
  • 春の野外のハコムスライブは最高。
  • 日比谷で963。
  • 福岡で963。
  • 友人と外でご飯を食べながらも46時間テレビを見る。
  • 寺田蘭世さんのブログをまとめて文庫本を作る。
  • TIFで欅坂だけを見て帰る。
  • 仙台で乃木坂ライブを3回見てお腹いっぱいになる。
  • 門前亜里さんの舞台出演と鉄戸美桜さんの『JOY』。
  • 鉄戸美桜さんと『ストローハットの夏想い』で信頼関係を築けたような気がする。
  • 間近で受け取った西野七瀬さんのハートに現実感を喪失する。
  • 豊島美術館の坂を再訪。仏生山温泉、温泉からのかき氷で昇天。夜行フェリー初体験。大阪でカレー→門前亜里さん舞台→カレー。
  • 初めての尾道と、寺田蘭世さんの生誕ライブ。乃木坂でペンライトを初めて持つ。
  • 初めての乃木坂個別握手会で寺田蘭世さんの誕生日を祝う。
  • 『墓場、女子高生』を初日千秋楽含め6回見る。観劇後の夜の散歩の心地良さ。
  • 高円寺さんがどんなファッションをしてきて、それに対してメンバーがどんな感想を言うかが楽しみだったハコムスリリイベ。
  • バスケハーフタイムの欅坂ミニライブの牧歌的雰囲気に感動。
  • 中条あやみさんとポインコのCMが大好き。
  • 家ではずっとchromecast。
  • 2016年もカルチャーズ劇場では安定の最前下手端。
  • 2016年はかき氷よりもカレーな気分。通勤路にエリックサウスができたので平日仕事帰りも美味しいカレーを食べられるようになって幸せ。
  • 休日はなるべく電車に乗らないで過ごすようにしたら、近所の知らなかった場所をいろいろ知れるようになった。


 2015年にハコムスを辞めた門前亜里さんは無事大学に入学し、舞台で活動を再開したが、昔のように頻繁に現場があるわけでもないので以前のような熱量は薄れて、しかし今のようなたまに作品に出て顔を見るぐらいの距離感でもちょうどよいかなと思う。


 なんだかんだで楽しいことの多い2016年だった。ふとした瞬間に自分結構幸せだよねと思うことが多かった。つらいことを先延ばしにしている気もするが、まあなんとか生きられるだけ生きてゆきたい。2016年もありがとうございました。それでは、よいお年を。




www.youtube.com